メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

世界の飢餓問題解決へデジタルコンテンツを活用

佐藤仁 学術研究員/ジャーナリスト

初のSNSを活用したマッチング寄付

 さらに国連WFPは2017年10月から12月31日まで「世界食料デーキャンペーン2017 つなげよう!一杯の給食、 いっぱいの夢」を展開した。5,000円で子ども一人に学校給食を一年間届けることができるキャンペーンだった。キャンペーンでは、ソーシャルメディア(SNS)を通じて86,723件の協力を得ることができ、この3カ月間のキャンペーンを通じて、途上国の子ども10,225人の給食1年分の寄付を集めることができた。著名人30名も参加して積極的にSNSで呼びかけていた。

 2017年から初めてSNSを活用したマッチング寄付も行っていた。「マッチング寄付」とは、以下のような流れだ。
(1)個人がSNS(Instagram、Twitter、Facebookのいずれでも)に「#WFP給食の思い出」というテキストを入れて投稿。
(2)投稿1件につき、WFPの活動を支援している企業が30円を寄付。
(3)寄付金は国連WFP本部(ローマ)に送金され、国連WFPが途上国で実施する、学校給食支援に役立てられる。

 世界では、学校に通うことすらできない子どもが6,100万人もいる。そこで国連WFPでは、途上国の学校で栄養価の高い給食を提供する「学校給食プログラム」を実施。子どもたちの健全な発育を助けると同時に、学校に通うきっかけとなり、教育の機会を広げている。

映画館で広告動画キャンペーン「Feed Our Future」

 また国連WFPでは、2018年9月に世界中の映画館広告会社で構成される業界団体SAWA(Screen Advertising World Association)とともに、世界の飢餓問題に取り組むための広告キャンペーン「Feed Our Future」を世界各国の映画館で開始した。

 CM映像「Feed Our Future」を日本を含む世界30カ国以上の映画館で本編前に上映している。60秒のCM映像は、華やかな医学賞授賞式での会見シーンが描かれ、 ・・・ログインして読む
(残り:約1258文字/本文:約3241文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

佐藤仁

佐藤仁(さとう・ひとし) 学術研究員/ジャーナリスト

グローバルガバナンスにおけるデジタルやメディアの果たす役割などに関して研究しています。例えば、情報通信技術や国際秩序や安全保障体制をどう変化させたのか、そして新たなデジタルメディアやポップカルチャーなどコンテンツによって人間の行動パターンと文化現象はどのように進化してきたのかを解明していきたいと思っています。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。

佐藤仁の記事

もっと見る