メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

来年は選挙、経済は不穏…消費増税はまた延期か

読売の大見出し、突然の首相指示、効果のあやしいポイント還元…何かがおかしい

原真人 朝日新聞 編集委員

拡大安倍首相と麻生財務相

 安倍晋三首相は10月15日の臨時閣議で、来年10月に迫った消費税率10%への引き上げに備えて対策を加速させるよう指示した。この突然の指示は何を意味するものなのか。

 額面通りに受け止めるなら、これで増税は確固とした政権の大方針になった、ということなのだろう。しかし、前言を翻して2回も消費増税を延期した「前科」のある安倍首相である。その言葉を簡単に信じることはできない。

 もちろん方針通り増税は実施されるのかもしれない。日本の財政のために、国民生活の未来のために、私はそうあってほしいと思う。

 しかし、その確率は小さいと私は考えている。日本経済が過熱気味なほど絶好調にでもならない限り、3回目の増税延期カードがいずれ切られるのではないか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

原真人

原真人(はら・まこと) 朝日新聞 編集委員

1988年に朝日新聞社に入社。経済部デスク、論説委員、書評委員、朝刊の当番編集長などを経て、現在は経済分野を担当する編集委員。経済面コラム「波聞風問」を執筆中。著書に『日本「一発屋」論 バブル・成長信仰・アベノミクス』(朝日新書)、『経済ニュースの裏読み深読み』(朝日新聞出版)、共著に『失われた〈20年〉』(岩波書店)、「不安大国ニッポン」(朝日新聞出版)など。

原真人の記事

もっと見る