メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

サウジマネーの運用代理人となった孫正義

金主と信じた皇太子が記者殺害への関与を疑われることまでは予期できなかった

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 サウジアラビア人の記者がトルコのサウジ総領事館で殺された後、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が何を語るのか、世界中が注目してきた。ずっと沈黙を守ってきた孫氏は、久しぶりに姿を見せた11月5日の中間決算会見の冒頭、「あってはならない大変悲惨な事件です」と実に神妙だった。しかし、それは彼の独演会のような1時間半の会見の、ほんの一瞬のことだった。

拡大サウジアラビアのサルマン国王(中央左)との会談を終えた孫正義氏=2017年3月14日、東京都千代田区

渦中のサウジへ、皇太子とも面談

 人命や人権、言論の自由か、それともビジネス、カネか――。

 孫氏が突きつけられていたのはそこだった。だからこそ会見が始まるやいなや、「決算説明のプレゼンに入る前に私からお伝えしたいことがあります」と切り出し、自らサウジのカショギ記者の殺害事件に言及したのである。

「今回の事件は決してあってはならない大変悲惨な事件です。カショギ氏個人の大切な人生に加えてジャーナリズム、言論の自由に対する大変な問題を提起するものでありました。強い遺憾の意を表します」

 サウジで10月に開かれた国際経済会議「未来投資イニシアチブ」は、カショギ氏殺害事件を機に出席を取りやめる経済人が相次いだが、孫氏はイベントには参加しなかったものの、「サウジには行きました」と明かした。

 孫氏によると、渦中のサウジに敢えて足を運んだのは、「高官にお会いして私たちの懸念をしっかりお伝えするという目的もあったから」という。面談した高官には、カショギ氏殺害への関与が疑われるムハンマド皇太子も含まれた。

 孫氏は、皇太子が「(事件を)非常に真摯に受け止め」ており、「起こってはならない事件が起きたという感じ」と打ち明けた。「ぜひ一日も早く真相が究明され、責任のある説明が行われることを願っています」と孫氏。その意向は皇太子にも伝えたという。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の記事

もっと見る