メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

子どもで広がる親の社交

 子どもがインターナショナル・スクールに通っていると、学校のみならず生活は一転して「外国人」の世界になる。学校活動はもちろん、その延長の部活動や週末のパーティなど「課外活動」も同じ。英語ネイティブではない親がそれに付き合うのは心身共に骨が折れるが、付き合わないことには子どもの生活は成り立たず、ここは親の踏ん張りどころとなる。住んでいるコンドミニアムにも日本人はほとんどおらず、どの道「逃げ場」がない。

 例えば10月最終週。学校はハロウィーンの行事で盛り上がる。イベントの2週間前にもなると校内がハロウィーンの飾り付けで染まり、イベント当日は先生も生徒も仮装で来ることがOKになる。イベント会場の、30にも上る国旗がはためくアリーナ(体育館)で、全く統一感のない格好の子どもや先生が練り歩くのを観るのは、とても楽しい。今年は、娘にせがまれて同じバナナ(上から下まで蛍光イエロー)の衣装を着て、筆者も学校へ出向いた。学校では知らない大勢の人からも声をかけられる。

拡大シンガポールのインターナショナル・スクールでのハロウィーン・イベント=2018年10月31日、筆者撮影

 今年はその週末、日本で小学校3年相当の息子が、クラスの親友のご自宅にハロウィーン・パーティに呼ばれた。ハロウィーンといっても、これを理由にした親同士のネットワーキング飲み会でもあり、これまた多民族。主催者はお父さんがオランダ人、お母さんはフィリピン人。他にはアジアもいればヨーロッパはアイルランドやロシア、北米もいる。自分の言語能力の限界から、会話は途中でへばってしまうが、10か国以上の人たちと一堂に会してワインを飲むのは痛快だ。彼らの仕事は、製薬業や石油精製、大手食品、金融など、シンガポール政府が国策として多民族による就労を進める方針が顕著に反映されていた。

 上の娘はその翌日、幼稚園時代から親友のカナダ人の友達のところへ誕生日パーティ兼お泊まり会に出かけた。「もう1人、部活動(水泳)で最近仲良くなったxxちゃん(アメリカ人)も来た」のだそうだ。

 そんな経験をする子どもたちを見て、あー、なんと自分の幼少期は文化貧困だったものかと、親としては羨ましくなってしまう。だから、今さらながらではあるが、パーティの作法を教えてもらい、バーベキューで肉の焼き方を教わり、スイスの金融業界の裏話を聞き、共通の趣味で盛り上がり、度を過ぎるほどのサッカーファンの酔狂に付き合ったりしている。英語が母語ではない人たちとは、「どうやって子どもに母語を維持させるか」で認識を共通する。何より、人の喜びや悲しみ、悩みは国を問わずあまり変わらない、と改めて認識できることが嬉しい。こちらが自分をひらけば、相手もひらく。多様性の中から共通性を見出してつながっていくのは、日本人同士のつながりの作り方とは少し違うように思う。

 ちなみに、シンガポールのインター校家族といっても、巷間言われるような「セレブ」は少数だ。確かに、ある誕生日会に招待されたら貸し切りボート・パーティで、「セントーサ島のマリーナ集合。夕方6時きっかりにボートが出るので遅刻厳禁」なんてことがあった。招かれた家の家賃がひと月1万5000シンガポールドルという家庭もある。が、それはかなり限られた人たち。「運転手付きの車が送り迎えに学校に来る」ような人々は、ごく少数だ。

同質性・異質性の問題

 この多様性の享受から一転、同質性・異質性の問題に引き戻される瞬間がある。いじめだ。

・・・ログインして読む
(残り:約1555文字/本文:約3980文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤剛己

佐藤剛己(さとう・つよき) ハミングバード・アドバイザリーズ(Hummingbird Advisories)CEO

佐藤剛己の記事

もっと見る