メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

シャープ亀山工場 日系外国人3千人を“首切り”

アップル、鴻海、シャープのものづくりを支えてきたのは日系外国人たちだった

多田敏男 週刊朝日副編集長

拡大シャープの亀山工場で働いていた日系外国人も同席した「ユニオンみえ」などの記者会見=2018年12月4日、厚生労働省(筆者撮影)

iPhoneの部品をつくる日系外国人たち

 米国のアップル、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業、そして日本のシャープ。これら世界的大企業の底辺を支えてきたのは、ブラジルやペルーなどの日系外国人である。

 その人たちがいま、会社側の都合で切り捨てられようとしている。

 三重県亀山市にあるシャープ亀山工場。三重県や亀山市が計135億円の補助金を用意して2002年に誘致した。自治体による工場誘致の成功例としてアピールされ、地元経済も一時は潤った。ここでつくられた液晶テレビ「アクオス」は、かつて「世界の亀山モデル」としてもてはやされた。

 その亀山工場で働いていた日系外国人約3千人の仕事がいま、なくなりつつある。

 日系人労働者らを支援する労働組合「ユニオンみえ」などが12月3日に記者会見して明らかにしたところによると、亀山工場では下請けの人材会社グループの従業員として、2017年時点で計約3千人が働いていた。大半がブラジルやペルー、ボリビアなどの出身の日系外国人だという。

 工場にはシャープの従業員は今年3月末で約2千人いるが、日系外国人たちはこの人たちとともに、下請け会社の従業員として生産を支えてきた。つくっていたのは米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の部品などだ。

 工場では発注元のシャープを頂点に、1次、2次と下請け会社が連なる多重下請け構造になっていた。特定の人材会社グループが人集めの大部分を担っており、全国から日系外国人を募集して働かせていたという。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

多田敏男

多田敏男(ただ・としお) 週刊朝日副編集長

朝日新聞入社後、福岡社会部、経済部、労働問題取材グループ、特別報道部などを経て現在、週刊朝日副編集長。

多田敏男の記事

もっと見る