メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 インドがこのところ年7%前後の成長を続けている。1979~2008年の30年間のインドの年平均成長率は5.8%でかなり高かったが、中国の9.8%には遠く及ばず、成長率はシンガポール(7.0%)、韓国(6.3%)、台湾(6.3%)より低かったのだ(この期間、年平均成長率のトップ10はすべてアジア諸国、ナンバー10のインドといえでもアメリカの2.9%、日本の2.4%を大きく上回っていた)。

拡大首脳会談に臨む(左から)安倍晋三首相、トランプ米大統領、インドのモディ首相=2018年11月30日、ブエノスアイレス

 アジアの多くの国々は1913~1950年には欧米に植民地化され、低い成長率にあえいでいた。しかし、第2次世界大戦後、アジアの国々は次々と独立し(1945年ベトナム、46年フィリピン、47年インド及びパキスタン、48年ビルマ〈現ミャンマー〉、49年インドネシア、57年マラヤ連邦〈後のマレーシア〉)、高い成長率を達成していったのだった。まず、高成長を達成したのは日本(1956~73年の年平均成長率は9.1%)。これに韓国・香港・台湾・シンガポールが続き、1980年代にはシンガポール以外のASEAN諸国、そして90年代に入ると中国やインドが高い成長率を記録していった。前述したように1979~2008年、30年間の世界の成長率のトップ10はすべてアジア諸国だったのだ。

 この30年間最も高い成長率を達成したのは中国で、前述したようにほぼ10%の年平均成長率を記録した。しかし、2010年代に入ると成長率は緩やかに低下し、高度成長期から安定成長期に移行してきている(2011~2017年の年平均成長率は7.57%、2018年の予測〈IMFによる2018年10月の推計〉は6.60%)。

 逆に、インドは2000年代から成長率を高めてきており、2011~17年の年平均成長率は6.84%と1979~2008年の年平均成長率5.8%を大きく上回ってきている。中国が高度成長期から安定成長期に移行し、その成長率を10%前後から7%台、そして6%台へと下げてきているのに対し、インドは逆にかつての6%弱の成長率を7%前後にまで高めてきているのだ。インドの成長率は2014年には中国のそれを抜き(2014年の成長率はインドが7.41%、中国は7.30%)、その後も2017年(インド6.68%、中国6.86%)を除いて中国を上回っている。2018年はIMFの予測(2018年10月推計)によると、インド7.30%、中国6.60%となっている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る