メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

アジア留学生獲得、日本は中国に「自由」で対抗を

理工系留学生を取り合う日中。日本の大学は学問・言論の自由をもっと発信すべきだ

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 日本に来るアジアの留学生が増えている。国別では、断トツの中国人留学生が頭打ちになる一方、ベトナム人留学生の伸びが目立つ。多くの大学がベトナムとの関係を深め、日本に送り込むルートを確立したことが奏功した。18歳人口が減る大学にとって、留学生は経営の命綱である。

アジア各国も高齢化。若者は取り合いになる

 「このブームはいつまで続くのか」と懸念する大学関係者は多い。中国はすでにアジア最大の受け入れ国として台頭し、特に「一帯一路」の国々の留学生を増やしている。いずれ日本の大学に影響が及ぶのは避けられない。

 アジアの国々では出生率が低下している。15~29歳の若者は、先進国を含むどの国にとっても貴重な存在だ。これから世界中で取り合いになり、日本だけに大量に来てくれるとは考えづらい。恐らく10年以内に留学生は減少に転じ、依存する大学は経営難に直面する懸念がある。

拡大

 日本は2008年から「留学生30万人計画」を推進してきた。日本学生支援機構によると、留学生総数は2017年12月時点で26万7000人。このうち日本語学校を除いた高等教育機関(大学・大学院・専修学校)の留学生は18万8400人(グラフ参照)で、2014年ごろから増えてきた。

 その内訳は、1位が中国で7万9500人(全体の42.2%)、2位がベトナム3万5500人(同18.8%)で、あとはネパール1万4900人、韓国1万3500人など。目立つのは中国の比率が前年より1.8ポイント減り、ベトナムが逆に1.9ポイント増えたことだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る