メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

著作権の保護期間 旧法からの軽やかな卒業

神様から著作権法を一ヵ所だけ変える力を貰ったら(2)

橋本阿友子 弁護士(骨董通り法律事務所)

拡大第59帝国議会、著作権改正法案が採決されるので傍聴に来た文士たち。左和服で立っているのが山本有三、その右沖野岩三郎、その右岸田国士(柱の下に立っている)らの姿がみえる=1931年2月27日、東京市麹町区(現千代田区)
 先にお断りしておきますと、仮にこのコラムが読みづらい・わかりづらい文章だった場合、それは決して筆者の未熟さのせいではなく、わかりにくい著作権の保護期間に責任があります。実務家として担当する案件の中で最も筆者を悩ませてきたもののひとつが、この難解な保護期間です。その支配からの卒業(あるいは脱走)を目指し、今回提案するのが「旧法からの軽やかな卒業」です。

著作権の保護期間とは

 著作権は永久権ではなくある期間が経過すれば消滅します。保護期間が設けられた趣旨は、著作権は情報の独占権として他人の表現の自由を制約するため、必要な限度を超えて保護をさせないという政策的理由とも説明されます。

 著作権は創作時より保護されます。その終期は、日本では、つい最近まで著作者(著作物を創作した者)の死後又は著作物の公表後50年までと規定されていました。日本も批准しているベルヌ条約も、著作者の生存の間及びその死後50年を保護期間と定めています。以下便宜上、「死後又は公表後」という表現を省略し、単に50年、70年という場合があります。

 この度、日本での保護期間が延長され、2018年12月30日をもって、50年が70年に変更されました(51条以下)。

 死亡した日の属する年の翌年1月1日から起算するので(57条)、例えば2018年12月30日に著作者が死亡した場合、終期は、2019年1月1日から起算して70年後の2088年12月31日となります。以下便宜上、改正前の著作権法を現行法、改正後のそれを新法といいます。

 著作権法上の著作物とは創作的表現を意味し、幼児が描いた絵から武満徹の楽曲まで等しく著作物と考えられています。2010年に3歳の幼児が描いた絵の保護期間は、この幼児が仮に83歳まで生きた(2090年に死亡した)とすると、新法上その終期は2160年となります。つまり、この絵は150年にもわたって保護を受けることになるのです。

 もっとも、全ての著作物が延長されるわけではなく、改正のタイミングで既に保護が満了していた作品の著作権は復活しません。改正法施行日の前日である2018年12月29日に著作権が存在する著作物については新法により、2018年12月29日時点で既に著作権が消滅している著作物は従前の例による(従前の現行法の保護期間で算定される結果、消滅している)と定められたためです(平成28年法律第108号)。

 つまり、50年で算定した結果2018年12月29日時点で保護期間が満了しているものは、既に権利が消滅しており、70年での計算は不要となります。他方、50年で算定した結果2018年12月29日時点でまだ著作権が残っているものは、70年で計算し直さなくてはなりません。

 まとめると、1967年以前に著作者が死亡(又は公表)した場合には死後(又は公表後)50年、1968年以降に著作者が死亡(又は公表)した場合には死後(又は公表後)70年で算定されることとなります。改正されなければ昨年末で著作権が切れたはずの作品は、2038年12月31日まで保護されることとなりました。


関連記事

筆者

橋本阿友子

橋本阿友子(はしもと・あゆこ) 弁護士(骨董通り法律事務所)

弁護士(骨董通り法律事務所)。兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業、京都大学法科大学院修了。神戸大学非常勤講師。専門は音楽著作権など。主な著作に「著作者人格権の処分についての序論的検討」(金沢法学59巻1号)、「USER RIGHTS DATABASE - MEASURING THE IMPACT OF COPYRIGHT BALANCE」(Japanのみ担当、上野達弘教授との共著、infojustice.orgウェブサイト)、「ヤマハがJASRACを提訴 - 音楽教室での演奏は聞かせる目的?教育目的?」(BUSINESS LAWYERSウェブサイト)がある。ピアニストとしても活動しており、コンクール受賞歴のほか、ニューヨークのカーネギーホールでの演奏経験を持つ。