メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 日本に長く住んでいると、日本が国際的に見てかなり特殊な国だということをあまり意識することがない。しかし、外国に長く住んだり、外国の歴史を学んだりすると、日本の他にない特色が浮かび上がってくる。

拡大新年の一般参賀に訪れた人たちに手を振る天皇、皇后両陛下、皇族方=2019年1月2日、皇居

 まず、天皇制。大日本帝国憲法(1889〈明治22〉年2月11日公布、1890〈明治23〉年11月29日施行)第1条は「大日本帝国は万世一系の天皇これを統治す」だが、4~5世紀前後に成立したとされる天皇制が現在に至るまで続いているのは他国に例のないことだ。現在の天皇制を構築したのは弘法大師・空海だといわれている。当時、日本に中国文明とともに入ってきた仏教を日本の伝統的宗教である神道と融合し、「神仏習合」のシステムをつくり、そこに天皇制を乗せたのだった。天皇家の儀式は仏教と神道が交互に行われ、宗教の対立による争いを避けたのだ。欧州での中世から近世の戦争は宗教戦争が多かったのだが、日本では15世紀末から16世紀末の一向一揆以外は大きな宗教戦争は起こっていない。

 天皇はある時期から権力は失ったが、権威として君臨し続けたのだった。権力は関白や将軍達が握っていたが、天皇は権威として権力の上に存在し続けたのだ。この権威と権力の分離は欧米には無いものだった。王朝がつくられ、亡び、王朝は変わっていったが、王朝の上に立つ権威は存在していなかったのだ。

 日本の権力者達もまた、ユニークだった。鎌倉時代から江戸末期にかけての日本の権力者は武士だったが、彼等は他の国のエリート達のように土地を所有していなかった。中根千枝はこうした武士達を「制度的エリート」と呼んでいる(大石慎三郎・中根千枝『江戸時代と近代化』筑摩書房、1986年)。日本以外の国はヨーロッパでも中国でもインドでも、支配者たちは必ず土地を所有し権力と富をあわせ持っていた。エリート層は広大な土地を持ち、その経済力を基盤として権力を握り、行使したのだった。しかし、日本の支配者であった武士達は、土地を所有せず、必ずしも経済的基盤を持たないまま権力を握ったのだ。これは世界でも類を見ないユニークなものだった。それ故、中根千枝は彼等を「制度的エリート」と呼んだのだが、経済的実力をともなわない、政治的につくられたエリートというわけだ。反対に富を持っていたのは豪農や豪商達だったが、彼等は政治的権力は持っておらず、エリートと呼べる階層ではなかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る