メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 近代資本主義は、いわゆる長い16世紀(1450~1640年)あたりから始まったといえるのだろう。1571年のレパントの海戦はちょうどこの長い16世紀の中ごろに起こったのだが、スペイン・ヴェネツィアを中心とするカトリック教国の連合艦隊がオスマントルコの艦隊に大勝したことで、地中海はイスラムの海からキリスト教国の海へと次第に変わっていったのだった。

拡大フェリペ2世が造営した大修道院=スペイン・エルエスコリアル

 この戦いでオスマントルコが滅びたわけではなく、オスマン帝国は1922年まで続くのだが、海戦に勝利したスペインはフェリペ2世の統治のもとでその最盛期を迎えたのだ(1556~1598年)。フェリペ2世の時代はイギリスではエリザベス1世の時代(1558~1603年)。スペインのフェリペ2世はイングランド女王メアリー1世が1558年に死去するまではイングランドの共同王だった。カトリック教徒であったフェリペ2世にとってプロテスタントであるエリザベス1世は異端者であり、彼はエリザベスを倒して前スコットランド女王のメアリー・スチュワートを王位に就けようとするのだが、エリザベスは1587年にメアリー・スチュワートを処刑し、フェリペ2世と対立したのだった。

スペインからイギリスへ

 そして1588年のアルマダの海戦で、フランシス・ドレークの率いるイングランド艦隊はスペインの無敵艦隊を撃破し、次第にスペインは衰退局面に入っていった。そしてヨーロッパの覇権は次第に北上し、オランダからイギリスへ主導権が移っていったのだ。イギリスはその後1760年代に始まった産業革命を主導し、1756~1763年の7年戦争に勝利し、その覇権を確立していったのだった。

 そしてイギリスはナポレオン戦争(1803~1815年)でフランスに勝利し、19世紀半ばから20世紀初頭までパクス・ブリタニカと呼ばれるイギリス主導の平和を実現したのだった。まさに近代資本主義は地中海周辺のスペイン・ポルトガルから始まり、次第に北上し、イギリスによって完成されていったのだ。

 普仏戦争、第一次世界大戦を経て、戦場となったヨーロッパは次第に衰退し、近代資本主義の主要なエンジンはアメリカ合衆国へ移り、その後、近代資本主義はアメリカに担われて20世紀中は繁栄を続けたのだった。しかし、21世紀に入ると欧米や日本等の先進国は成熟局面に入り、低成長・低インフレの時代へと移っていったのだ。先進国の1人当たりGDPは4万~5万USドルに達し、それぞれが豊かさを享受することになった。また、先進国のフロンティアであったアジアもアフリカも世界経済の重要な一部となり、新たなフロンティアはもう出現することはなくなってしまったのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る