メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アベマTVっぽいニュースの作り方

若手気鋭のプロデューサーがネットメディア報道の最前線を報告する

郭晃彰 AbemaPrimeプロデューサー

拡大AbemaNewsを放送するけやき坂スタジオ

イチローの声をすべて伝えたのはネットだった

 イチロー選手が、第一線を退く意向を固めた――。

 そんな情報が飛び込んできたのは、3月21日夜のことでした。NHKが「ニュース7」の終わりで速報原稿を読み上げたのが19時30分。テレビ朝日が速報を打ったのは「アメトーーク」放送中。イチロー選手本人による引退会見が始まったのは、日をまたぐ頃でした。

 祝日の深夜に突如、設定された国民的スターの会見。地上波で生中継したのは、日本テレビ、フジテレビ、テレビ東京でした。

 しかし日本テレビの番組は会見開始をずーっと待っていたのですが、イチロー選手が「現役生活に終止符を打ち、引退することと…」と発言した所で放送時間終了。地上波での中継は24時30分までには全て終わってしまいました。

 私たちネットメディアにとってはここからが勝負です。

 「イチロー選手の声をもっと聞きたい。最後まで聞かせて」。そんな視聴者やファンの皆さんがテレビの前を離れ、雪崩を打ってネットに流れ込んできたのです。

 結局、25時すぎまで続いた会見を最後までノーカットで中継したのは、AbemaTVなどのネットメディアのほか、NHKや民放各局が提供するスマホアプリでした。“平成の名会見”といっても過言でないイチロー選手の声をすべて伝えたのは、地上波ではなくネットだったのです。

 これはAbemaTVが開局した3年前では、あり得なかった光景です。メディア、とりわけニュース動画を巡る環境は、大きく変わっているのです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

郭晃彰

郭晃彰(かく・てるあき) AbemaPrimeプロデューサー

2010年テレビ朝日入社。情報番組でAD、ディレクターを経験後、社会部で国土交通省、海上保安庁、気象庁などを取材。東日本大震災から5年の節目では、ドキュメンタリー番組を制作。2016年3月からAbemaTVで報道コンテンツを制作。「オトナの事情をスルーする」をコンセプトにしたニュース番組 「AbemaPrime」のほか、24時間ニュース専門チャンネル「AbemaNews」の編成・宣伝戦略なども担当。