メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

英のEUからの離脱劇、混迷の謎を解く

時間がかかるのは悪いことか?

小林恭子 在英ジャーナリスト

拡大3月21日のEU首脳会議(ブリュッセル)で、報道陣の前に立つメイ英首相(官邸フリッカーより)

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(「ブレグジット」)はいつ実現するのか?

 3月末時点、その答えは本当にはだれにもわからない。

 3月29日に離脱することになっていたが、EUと英政府側がまとめた、離脱の条件を決める「離脱協定案」が英国・下院で2度も大差で否決され、英国を除くEU27カ国は21日のEU首脳会議で交渉期間の延長という決定を下したからだ。もし先の協定案が可決されれば、離脱日は5月22日、否決されれば4月12日が運命の日となる。

 延長決定前、メイ英首相は否決された協定案を「三度目の正直」でまたも採決に出そうとしたが、下院議長に「実質的に同じ動議を同じ会期中に出すことはできない」とくぎを刺され、いったんはひっこめた。それでも、あきらめたわけではない。延長を認められたのでこれを踏まえて新たに採決に出す予定。しかし、現時点では支持者が少なすぎ、出すに出せない状況だ。

 しかし、メイ首相が3月27日夕(日本時間28日)、「協定案を可決させることができたら、辞任する用意がある」と述べたことで、事態はさらに不透明感を増している。

 一方、行き詰まり状態打開のため、下院議員らは政府案に変わる代案づくりに向かっている。政府は下院がどのような代案を出そうとも、「その結果に従う必要はない」(メイ首相)と強気の発言をしているが、離脱交渉で「下院が主導権を握った」異常な状況で、メイ首相の指導力低下を最も明確に示したと言えよう。

 いったいなぜ、このような状況に陥ったのか? なぜ英国は「決められない」のか? 英国在住者の一人として、決してきれいごとではない現状をじっくりと説明してみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

小林恭子

小林恭子(こばやし・ぎんこ) 在英ジャーナリスト

秋田県生まれ。1981年、成城大学文芸学部芸術学科卒業(映画専攻)。外資系金融機関勤務後、「デイリー・ヨミウリ」(現「ジャパン・ニューズ」)記者・編集者を経て、2002年に渡英。英国や欧州のメディア事情や政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。「新聞研究」(日本新聞協会)、「Galac」(放送批評懇談会)、「メディア展望』(新聞通信調査会)などにメディア評を連載。著書に『英国メディア史』(中央公論新社)、『日本人が知らないウィキリークス(新書)』(共著、洋泉社)、『フィナンシャル・タイムズの実力』(洋泉社)。

小林恭子の記事

もっと見る