メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「陰謀論」は不安を抱えた心に忍び込む

ファクトチェックの記事が出る前に「トンデモ発言」は光のような速さで拡散してしまう

松本一弥 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

「影の政府が世界を支配している」

詰めかけた支持者の前で演説するドナルド・トランプ氏=2016年5月、米ウェストバージニア州チャールストン拡大詰めかけた支持者の前で演説するドナルド・トランプ氏=2016年5月、米ウェストバージニア州チャールストン

 フェイクニュースとともに米国社会の一部にはびこるものに「陰謀論」がある。

 「ディープステート(影の政府)が世界を裏で支配している」などといった荒唐無稽な内容もその一つだ。試しに「陰謀論(Conspiracy Theories)」、「ベストセラー(Best Sellers)」とキーワードを打ち込み、グーグル検索をしてみれば、たちまち数十冊もの本がリストアップされてくるだろう。

 むろん、こうした「陰謀論」をすべての人がまともに受け取っているとは到底思えない。だがフェイクニュースが横行する中、まことしやかな「陰謀論」に言及した本がベストセラー入りしたり、政治的に過激な発言を繰り返すテレビキャスターやラジオのパーソナリティーが絶大な人気を集めたりするのはなぜなのだろう。

 その謎を解こうと、米国マサチューセッツ州メドフォードのタフツ大学を訪ねた。「ビジネスとしてのメディア」というテーマで、全米に広がるケーブルテレビやラジオのトーク番組、政治的ブログという三つの媒体を題材に、カリスマ性のあるキャスターらが高い視聴率を稼いで収益を上げるビジネスの実態を研究しているのが同大教授で政治学者のジェフリー・ベリー(71)だ。

 トランプ米大統領誕生以前の2014年、ベリーは「THE OUTRAGE INDUSTRY」という本を社会学者の同僚、サラ・ソービラージュとともに出版した(注1)。本の主タイトルは直訳すれば「憤激させる産業」といった意味だが、ベリーはそこに「非常な怒りを込めてつけた」という。

「押し入れのような小部屋に押し込まれ……」

タフツ大学教授のジェフリー・ベリー=同大学の研究室拡大タフツ大学教授のジェフリー・ベリー=同大学の研究室

 ベリーがこの分野の研究に取り組もうと思ったのは、2004年の米大統領選の時に自ら体験した出来事がきっかけだった。

 「民主党のジョン・ケリーが大統領候補としてマサチューセッツ州から出馬を表明した時の話です。FOXテレビを代表するようなビル・オライリーという右派のキャスターが「自分の『ビル・オライリーショー』に出演してほしい」と私に電話をかけてきました。わたしは政治学者としてマサチューセッツの政治も研究していましたから、そういうオファーを受けるのは当然だと思って依頼に応じたのです」

 当日はマサチューセッツにある衛星ネットワークのスタジオから中継で番組に参加した。ところがいざスタジオに入ってみると、ベリーは「押し入れのようなものすごく小さな部屋」に押し込まれてしまった。「テレビのライトが強烈にあたっていてほとんど目が見えなくなるほどでした。それぐらいまぶしかったのを今でも覚えています」。

 部屋には小さなモニター画面が置いてあった。だが電源が入っていないのか、まったく映らない状態のまま番組が始まった。「キャスターのビル・オライリーはニューヨークのスタジオから私に向かってがんがん質問してきました。オライリーの顔はこちらからは見えなかったのですが、そんなことには一切おかまいなく、彼はものすごく強烈な質問を私に浴びせかけ続けた。『ジョン・ケリーが非常に不誠実なことをやっているでしょう?』といった具合で、一方的にジョン・ケリーを攻撃するような質問の連続でした」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

松本一弥

松本一弥(まつもと・かずや) 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。朝日新聞入社後は東京社会部で事件や調査報道を担当した後、オピニオン編集グループ次長、月刊「Journalism」編集長、WEBRONZA(現「論座」)編集長などを経て現職。満州事変から敗戦を経て占領期までのメディアの戦争責任を、朝日新聞を中心に徹底検証した年間プロジェクト「新聞と戦争」では総括デスクを務め、取材班の同僚とともに石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、JCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞した。早稲田大学政治経済学部や慶応大学法学部では非常勤講師などとしてジャーナリズム論や取材学を講義した。著書に『55人が語るイラク戦争ー9.11後の世界を生きる』(岩波書店)、共著に『新聞と戦争』(上・下、朝日文庫)。

松本一弥の記事

もっと見る