メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「メディア不信」を人々の会話に入って突き破れ

NY市立大ジェフ・ジャービスの格闘と社会学者見田宗介の接点とは

松本一弥 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

「9.11が私のジャーナリズム観を変えた」

ニューヨーク市立大学大学院教授のジェフ・ジャービス=ニューヨーク、同大学の研究室拡大ニューヨーク市立大学大学院教授のジェフ・ジャービス=ニューヨーク、同大学の研究室

 メディア不信が世界各国に広がる中、「ジャーナリズムに対する信頼を何とか取り戻そう」と奮闘するジャーナリスト出身の研究者が米国ニューヨークにいる。フェイクニュースがこれほどまでに氾濫する背景の一つには、既存のメディアに対する人々の信頼低下があるのではないか――。そんな批判を真摯に受けとめているからだ。

同時多発テロでがれきになった世界貿易センターとその周辺では、今なお行方不明者の捜索が行われている=2001年9月16日、ニューヨーク 拡大同時多発テロでがれきになった世界貿易センターとその周辺では、今なお行方不明者の捜索が行われている=2001年9月16日、ニューヨーク

 マンハッタンのど真ん中。雑踏の中に建つニューヨーク市立大学大学院ジャーナリズム学科に教授のジェフ・ジャービス(64)を訪ねた。

 ジャービスはあいさつもそこそこに「ジャーナリズムは変わらなければなりません」と力説した。

 「これまではジャーナリズムのあるところに人々がやって来るのが当然だと思っていました。『世の中でいろんなことが起きているけど、そっちは無視していいよ。僕たちの記事を読んでくれればわかるからさ』というのがメディアの態度でした」

 「でもこれからは、人々がネットで会話をしているまっただ中に、SNSで誰でもシェアできる体裁を整えたニュースを発信して飛び込んでいくべきです。メディアが人々の『コミュニティー』の中に入り込んでいくのです」

 ジャービスがそう考えるようになったきっかけは、2001年9月11日に米国で起きた同時多発テロだ。

 ハイジャックされた飛行機が世界貿易センタービルに激突した時、ジャービスはその方向に向かう電車に乗っていた。

 「衝撃を受けた私は1週間後にブログを始めましたが、それを読んだロサンゼルスの人が感想を書き込み、私もそれに答えるというキャッチボールをしているうちに、ジャーナリズムには読者との『会話』がもっともっと必要なんだと気がつきました。そうか、僕たちは同時刻に別々の場所にいながら、それでも会話をしているんだって。それが僕にとっての一番大きな『気づき』だったのです」

「人々の声に耳を傾けるのは神聖な義務」

 そんなジャービスの考え方を端的に表したエッセーがある。

 「Journalism is the conversation. The conversation is journalism」(ジャーナリズムは会話。会話はジャーナリズム、注1)と題されたもので、その中でジャービスは「ジャーナリストはツイッターを使うべきではない」「投稿は控えめに」などの考えを表明したニューヨーク・タイムズやCNNのジャーナリストらに対し「ほとほとがっかりした」と批判した上で、反論を加えている。少し長くなるが、大事な部分なのでその下りを紹介したい。

 「人々のために働くジャーナリストが人々の声に耳を傾けるのは、神聖な義務だと思います。(中略)ジャーナリズムはその会話です。民主主義とは会話そのものなのです」

 そしてこう続ける。

 「仮にあなたがアフリカ系アメリカ人だとしましょう。あなたが買い物やバーベキュー、昼食、または自宅に入る際に、ある白人があなたを警察に通報したとします。その時、(メディアの)ニュースルームには、あなたと同じ肌の色や経験を持ち、あなたのストーリーを取り上げてくれるようなジャーナリストはいないのです」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松本一弥

松本一弥(まつもと・かずや) 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。朝日新聞入社後は東京社会部で事件や調査報道を担当した後、オピニオン編集グループ次長、月刊「Journalism」編集長、WEBRONZA(現「論座」)編集長などを経て現職。満州事変から敗戦を経て占領期までのメディアの戦争責任を、朝日新聞を中心に徹底検証した年間プロジェクト「新聞と戦争」では総括デスクを務め、取材班の同僚とともに石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、JCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞した。早稲田大学政治経済学部や慶応大学法学部では非常勤講師などとしてジャーナリズム論や取材学を講義した。著書に『55人が語るイラク戦争ー9.11後の世界を生きる』(岩波書店)、共著に『新聞と戦争』(上・下、朝日文庫)。

松本一弥の記事

もっと見る