メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

自動運転、過疎地の切り札は「ゴルフカート」

電磁誘導線に沿って時速12kmで走る。自動運転サービスの実用化が見えてきた

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

ハイテク車よりゴルフカート

 地方は高齢化と少子化で過疎化が進んでいる。路線バスやタクシーは運転手のなり手がいない。そんな地域に暮らす高齢者の「足」をどう守っていくか。その方向性がようやく見えてきた。

 ハイテクの自動運転車ではなく、従来からあるゴルフカートの転用である。国交省は全国13か所で自動運転サービスの実験を進めており、2020年ごろから一部実用化に入る見通しだ。

拡大秋田県上小阿仁村の自動運転サービス実証実験コース=国交省HPより

 実験か所の一つ、秋田県上小阿仁(かみこあに)村(人口約2300人)では、今冬の36日間、ヤマハ発動機製の7人乗りゴルフカートが、3つの集落を結ぶ全長4キロの道を走った。道の駅「かみこあに」を拠点に、住民を役場・郵便局、高齢者生活福祉センター、診療所へ送迎するほか、農家が生産する野菜やコメを道の駅に運び、住民には注文の商品を配送した。

拡大実験に使われた7人乗りカート=ヤマハ発動機のHPより

 このカートはゴルフ場でお客がコースを移動するときに乗る電動車である。時速12kmで、道路に埋設された電磁誘導線に沿って自動で走る。カートはGPS機能や障害物検知センサー、自動ブレーキを備え、レベル2(下の表)に相当する。

拡大

 実験コースのうち「自動運転車両優先空間」とある部分では、レベル4で走行する。現在は運転席に地元のボランティアが座り、ハンドル操作はせずに運行を監視。緊急時のみ運転操作に介入する。

 利用したい人は、前日午後5時までに電話かスマホのアプリで、道の駅にある管理センターに、乗りたい場所や人数の予約を入れる。管理センターにはオペレーターがいて、乗車時刻を連絡してくれる。オペレーターは常時、カートの位置情報や車内の監視カメラ映像を見守っている。利用者は少額の運賃や配送料を払う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る