メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

世界初!「AIポン」誕生の裏側

スマホでニュースを読む時代。音声をリアルタイムで字幕表示するシステムが必要だ

渡邉 星 「けやきヒルズ」プロデューサー

拡大3月22日イチローさん引退会見の放送

イチロー引退会見で「AIポン」“炎上”

 今年3月、日本中が見守ったイチローさんの引退会見。会見が始まるのが夜遅くなったため、会見全体をすべて生中継できた地上波テレビ局はありませんでした。一方で、各テレビ局が提供するニュースアプリやウェブメディアは会見をノーカットで生中継しました。AbemaTVのAbemaNewsチャンネルでも生中継したのですが、“ある試み”が少し話題になった、いえ、そこそこ炎上したことを皆さんご存知でしょうか。

 イチローさんが話している下側に表示されている2行の、漫画の吹き出しのような枠。ここには1時間半ちかくにわたった会見の間、ずっとイチローさんが話している言葉がリアルタイムで表示され続けていたのです。

 これこそが、AbemaTVとテレビ朝日が共同で開発したAIリアルタイム字幕システム「AIポン」です。ちなみにAIポンは「アイポン」と読みます(後述しますが、一見ふざけたこの呼び方にも意味があるのです)。

 AIポンはGoogle音声認識テキスト変換サービス「Cloud Speech-To-Text API」をベースに作られた字幕システムで、放送中の音声をリアルタイムで字幕表示することができるのです。AbemaTVでは、放送を見ながらコメントをする機能がありますが、そのコメント欄やツイッターでは「これは画期的!」「音声オフにしても内容が分かって便利」などお褒めの言葉をいただきました。

 ではなぜ炎上したのでしょうか。実は、時々、いや度々イチローさんの言葉が、話した通りには表示されなかったのです。

 一例をあげると、「選手生活」が「性生活」、「ニューヨーク」が「入浴」と表示されました。声に出してみるとこれらの言葉はよく似ています。これに対しての“ツッコミの声”を圧倒的に多く頂戴したのです。翌日にはまとめサイトがいくつも作られ、Twitterトレンドに載るなど反響はなかなか大きなものでした。

 しかし会見の後もAbemaNewsではAIポンを積極的に活用しつづけています。その理由をAIポン誕生の経緯からご説明しましょう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

渡邉 星

渡邉 星(わたなべ・ひかる) 「けやきヒルズ」プロデューサー

1988年生まれ。2012年テレビ朝日入社。朝の情報番組で4年間AD、ディレクターを担当、2016年7月からAbemaTV「AbemaNewsチャンネル」でコンテンツ制作。「ランチにニュースをアップデート!」をコンセプトにした平日お昼のニュース番組 「けやきヒルズ」のほか、チャンネル全体編成・宣伝戦略なども担当。