メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大学生からでは遅いのか? プログラミング教育

保護者が職場で痛感 「あったらいいな」と必要性を感じる時代に入ってきた

岩崎賢一 朝日新聞記者

 2020年度の小学校から、順次、中学校、高校へとプログラミング教育の授業が拡大していきます。社会との結びつきや問題解決のためにコンピューターを活用する力を育成するためです。2011年に中高生向けのサービスを開始し、実績のある「Life is Tech!」(ライフズテック)の水野雄介CEOに、事業展開を通じて感じた社会の変化と今後の課題についてインタビューしました。

ライフイズテック拡大本社オフィスで取材を受けるライフイズテックの水野雄介CEO

「ミスがあっても挑戦していくとより速い球を打つことができるようになる」

――大学に行くと、多くの学生がノートPCを開いて講義を受けている光景を見ます。最近、スマートフィンやタブレット、ノートPCを活用する高校も増えてきています。プログラミング教育は大学生になってからでは遅いのでしょうか。

 大学生だと、パソコンを使いこなせることを前提に、チームで何かに取り組む時代になってきました。
プログラミングは、論理的にアルゴリズムをつくる力が重要です。数学の力が伸びる時期は、中学2年生や3年生と言われています。コードはアルファベットで書くので、英語を学ぶときに一緒に吸収していくと学びやすいと思います。

 もう一つは、ダイバーシティーです。私は「半径2メートルから変えていこうよ」と言っています。プログラミングで作ったアプリやサービスが、お母さんのためになるかもしれない、おばあちゃんのためになるかもしれない、友だちのためになるかもしれない。もちろん自分のためかもしれない。「ちょっと困っていることを解消するものや、あったら幸せになるものを作ろうよ」と話しています。
ビジネス界で言うと、課題設定能力、課題発見能力ということになります。

 自我が芽生え始めたころ、社会の多様性を知ることは大事だと思います。誰かのために自分の時間を使うこと、そういった経験を中高生ですることで人間性が身についていくと思います。

 中高生で練習試合を何回もして、ミスがあっても挑戦していくと、より速い球を打つことができるようになります。プログラミングはツールです。その経験があると、大学生になったとき、チームでいろいろな取り組みができるようになり、世界が広がります。

 大学生では、マネジメントやファイナンスという知識も身につけ、チームで何かに取り組む経験を繰り返すことで経験を積み重ねていきます。そうした人材を企業は欲しいと言うし、起業やフリーランスで仕事をする可能性も広がります。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

岩崎賢一

岩崎賢一(いわさき けんいち) 朝日新聞記者

1990年朝日新聞社入社。くらし編集部、政治部、社会部、生活部、医療グループ、科学医療部などで医療や暮らしを中心に様々なテーマを生活者の視点から取材。テレビ局ディレクター、アピタル編集、連載「患者を生きる」担当を経て、現在はオピニオン編集部で「論座」編集を担当。『プロメテウスの罠~病院、奮戦す』『地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン』(分担執筆)。 withnewsにも執筆中。

岩崎賢一の記事

もっと見る