メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

変わる家族や結婚のかたちから考える社会問題

親の子育て責任は、無限に続くのではない。

土堤内昭雄 公益社団法人 日本フィランソロピー協会シニアフェロー

ひきこもる家族

 5月28日、川崎市多摩区で登校のためスクールバスを待っていた児童などが殺傷される事件が起こり、6月1日には東京都練馬区で元農林水産事務次官が長男を殺害する事件が発生した。前者の51歳の容疑者と後者の44歳の長男が、ひきこもり状態にあったことが世間の大きな関心を集めている。

 「ひきこもり」というと若い世代を想像する人も多いだろうが、今年の3月に公表された内閣府の「生活状況に関する調査」(平成30年度)からは意外な実態が見えてくる。広義の「ひきこもり」とは『自室や家からほとんど出ない状態や近所のコンビニ、趣味の用事以外に外出しない状態が6カ月以上続くこと』と定義される。

 同調査の推計では、40~64歳の中高年のひきこもりが全国で約61万人と、平成27年度調査で推計された15~39歳の約54万人を上回っているのだ。ひきこもり期間は5年以上が51.0%と半数を超えており、ひきこもりの長期化がうかがえる。

 ひきこもりになったきっかけ(複数回答)は、「退職」が36.2%と最も多く、就業状況との関係が深い。中年のひきこもりが多い理由としては、バブル崩壊後のいわゆる「就職氷河期」に安定した仕事に就けなかったことが挙げられるだろう。政府は経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の中で同世代の就職支援を強化し、今後3年間に30万人の正規雇用者を増やす計画だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

土堤内昭雄

土堤内昭雄(どてうち・あきお) 公益社団法人 日本フィランソロピー協会シニアフェロー

1977年京都大学工学部建築系学科卒業、1985年マサチューセッツ工科大学大学院高等工学研究プログラム修了。1988年ニッセイ基礎研究所入社。2013年東京工業大学大学院博士後期課程(社会工学専攻)満期退学。 「少子高齢化・人口減少とまちづくり」、「コミュニティ・NPOと市民社会」、「男女共同参画とライフデザイン」等に関する調査・研究および講演・執筆を行う。厚生労働省社会保障審議会児童部会委員(2008年~2014年)、順天堂大学国際教養学部非常勤講師(2015年度~)等を務める。著書に『父親が子育てに出会う時』(筒井書房)、『「人口減少」で読み解く時代』(ぎょうせい)など。

土堤内昭雄の記事

もっと見る