メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

JAがコメの先物取引に反対するわけ

試験上場、4度目の延長。減反廃止なくして先物取引なし

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

減反廃止なくして先物取引なし

 こうした中でのコメの先物取引についての試験上場再延長の認可である。

 実は、今回大阪堂島商品取引所は現在の試験上場から進んで本上場を申請しようとしていたが、農林水産省に本上場に必要となる十分な取引量がないと指摘されたため、試験上場の申請に切り替えたのである。 ・・・ログインして読む
(残り:約1158文字/本文:約4103文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

山下一仁の記事

もっと見る