メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

佐野サービスエリアのストライキが問いかけるもの

「ブラック企業」と闘う労働現場の創意工夫

鈴木剛 全国コミュニティ・ユニオン連合会 会長/東京管理職ユニオン 執行委員長

拡大訪れた人は売店の休業を知らせる貼り紙を見ていた=2019年8月14日、栃木県佐野市の佐野サービスエリア

 「日本の労働運動は衰退し、もはや労働組合は既得権益集団である」といったことが言われて久しい。

 この夏、私は「レイバーノーツ台北大会」に参加した。レイバーノーツとは、1979年にアメリカで創設され、出版活動やウェブ運営を行い、様々な労働問題に関するワークショップや労働学校を運営している運動体である(レイバーノーツのウェブサイト)。

 大会スローガンは、‟労働運動に運動を取り戻そう“であり、「職場での組織化、譲歩と闘う攻撃的な戦略、民主的で組合員中心の労働組合を広める」ことをめざしている。日本でも大きく経済構造や雇用関係・職場環境が変化している中、従来の企業別・男性正社員中心の労働組合からの転換が迫られているが、大会に参加し、レイバーノーツの挑戦は大きな意味を持っていると実感した。

 その大会の最中に、SNS上で「佐野サービスエリアのストライキ」が報じられた。

やむにやまれず立ち上がった佐野SAの労働者たち

 東北道の佐野サービスエリアで、盆の真っ最中である8月14日に従業員たちがストライキを起こした。8月11日の「FRIDAY DIGITAL」によると、佐野サービスエリアをNEXCO東日本から任されている株式会社ケイセイ・フーズ(岸敏夫社長)が倒産危機にあるという情報が流れ、一部業者が納品を中止する事態になったという。

 こうした中で、経営陣と交渉を続けていた総務部長の加藤正樹さんと支配人Iさんが不当に解雇された。しかし、多くの従業員がこれに反発し、解雇撤回と経営陣の退陣を求めて、ストライキに決起したのだという。

 詳細な経緯については、加藤さんが発信するSNS上の情報と加藤さんに取材した「文春オンライン」の記事(8/24、8/25)に詳しい。

 それらによると、長年労働者たちは、総支配人のT氏によるパワハラに苦しめられており、その音声データも報道されている。また、労働環境も劣悪で、クーラーも設置されていない厨房は40度を超す猛烈な暑さだったという。大手商社に勤めていた加藤さんが入社し、こうした問題の解決に向けて取り組む中で、現場の労働者たちの信頼を集め、また、それまで我慢して耐えていた労働者たちも立ち上がるようになったのである。

 一方で経営側には問題が多く、ケイセイ・フーズの親会社である片柳建設の経営が悪化の一途を辿り、2019年6月20日にメインバンクが新規融資凍結処分を下したとのことであった。7月20日に行われた労使交渉では、経営陣が融資凍結と返済滞納を認めたのである。その一方で幹部社員が会社経費で高級車を購入するなどの私物化問題も明らかになったようである。

 このときの差し迫った状況について加藤さんは以下のように発言している。

 「商品が搬入されないとなると、売り上げがたたない。このままでは従業員の給料が支払われないような事態にまで発展してしまう恐れがありました。そこで岸社長に対し、新たな事業計画を練って銀行から新規融資を取り付けてほしいと直談判したのです」(加藤さん)

 交渉を経て、8月5日、商品支払いの前倒しと労働者への賃金支払いを約束する覚書にサインした岸社長だったが、8月9日に翻意し、ついには8月14日の加藤さんらに対する不当な解雇に及んだものである。まさに、労働者の生活が懸かった緊急かつ重大な事態にあったのである。

 これに対して、やむにやまれずに団結し、全労働者の90%にあたる約50名がストライキを打ったのだ。先に紹介したレーバーノーツ台北大会に参加したアジア諸国の活動家たちの報告に通じる、職場の労働問題を解決するために、最前線で苦闘して働く労働者自身が創意工夫し、立ち上がったのである。(なお、本原稿執筆現在、佐野SAの労働者たちは、連合栃木の支援でストライキと団体交渉を継続しているという。)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

鈴木剛

鈴木剛(すずき・たけし) 全国コミュニティ・ユニオン連合会 会長/東京管理職ユニオン 執行委員長

1968年生まれ。早稲田大学社会科学部卒。在学中は早稲田大学雄弁会などで活動。テレビ報道番組制作会社(「ザ・スクープ」、「ニュースステーション」)を経て、「協同労働の協同組合/ワーカーズコープ」で活動。2006年より若年非正規労働者のフリーター全般労働組合に関わり、副執行委員長を務める。08年に東京管理職ユニオン執行委員、その後、書記次長、書記長を経て、現在、執行委員長。他に全国コミュニティ・ユニオン連合会(ナショナルセンター「連合」加盟)会長、一般社団法人ユニオン運動センター専務理事、労働組合が再建した企業等の役員を務めている。著書に『中高年正社員が危ない』(小学館101新書)、『解雇最前線・PIP襲来』(旬報社)、『社員切りに負けない』(自由国民社)、共著に『フリーター労組の生存ハンドブック』(大月書店)がある。