メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

見えてきたハッシュタグの「問題点」

本当に人々を団結させるツールになっているのか

小林啓倫 経営コンサルタント

 2011年初頭に「アラブの春」が起きた際、市民がソーシャルメディアを通じてつながり、社会問題の解決に向けて団結するという可能性に関心が集まった。また日本でも、同年に発生した東日本大震災において、ツイッターやフェイスブックを通じた市民間での情報共有が一定の効果をあげたことから、ソーシャルメディアは社会問題に対して草の根的な対応を実現するツールのひとつとして認知されている。

 ソーシャルメディア上において、通常つながっている(ツイッターで言えば「フォロー」している)ユーザーの枠を超え、不特定多数の人々と一時的にコミュニケーションする際に有効なのが「ハッシュタグ」と呼ばれる機能だ。

もともとはユーザーが始めたローカルルール

拡大ニューヨークをデモ行進するオキュパイ運動の参加者たち=2014年9月22日 a katz / Shutterstock.com

 これはメッセージを投稿する際、「#(ハッシュマーク)」を頭に付けた単語を入れておくと、その単語が「タグ」となって、他に同じテーマについて投稿しているメッセージが検索しやすくなるというもの。たとえばウェブサイト「論座」について語りたければ、「#論座」というハッシュタグを入れて投稿すると、論座についての投稿を読みたいと考えている他のユーザーから検索されやすくなり、また自分でも「#論座」が付いている別のメッセージを読んで、他人の意見を知ることができる。

 もともとハッシュタグは、ツイッターのユーザーが、メッセージを検索しやすくするために自ら始めた「ローカルルール」のようなものだった。しかしそれが非常に便利であることを認めたツイッターが、2009年に公式機能として採用(日本語版では2011年から)。その際、ハッシュタグを付けて投稿すると、その単語がクリック可能なリンクに自動変換され、メッセージ上でそれをクリックするだけで同じハッシュタグを含むツイートの検索結果が表示されるようにした。この機能が爆発的に人気を得て、他のソーシャルメディアでも次々に採用され、広く活用されるようになっていった。

 たとえばアラブの春と同じ2011年に起きた「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」運動(米国の若者が中心となり、政界や経済界に対してデモ等の形で不満を表明するというもので、その後類似の運動が世界に拡散した)では、運動の名前にハッシュをつけた「#OccupyWallStreet」がハッシュタグとして使われ、自然発生的に生まれる抗議活動や各種の集会に大勢の人々を引き付ける役割を果たした。

 前置きが長くなった。こうして誕生から10年が経ったハッシュタグは、いまや同じ興味・関心を持つ他人とつながる強力な機能として認知され、冒頭のような政治的・社会的イシューの解決に取り組む人々が、そのイシューを象徴する単語をハッシュタグとして採用し、それをメッセージに入れてソーシャルメディア上で発信することが当たり前になっている。しかしいま、本当にそれが人々を団結させるツールになっているのかという疑問が持ち上がっている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林啓倫

小林啓倫(こばやし・あきひと) 経営コンサルタント

1973年東京都生まれ、獨協大学外国語学部卒、筑波大学大学院修士課程修了。システムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、米バブソン大学にてMBAを取得。その後外資系コンサルティングファーム、国内ベンチャー企業などで活動。著書に『FinTechが変える!金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス』(朝日新聞出版)、『今こそ読みたいマクルーハン』(マイナビ出版)、訳書に『ソーシャル物理学』(アレックス・ペントランド著、草思社)、『データ・アナリティクス3.0』(トーマス・H・ダベンポート著、日経BP)など多数。また国内外にて、最先端技術の動向およびビジネス活用に関するセミナーを手がけている。

小林啓倫の記事

もっと見る