メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

老後2千万円が解決しても50代は幸せにならない

マネープランに偏重した定年後の生活設計は間違い。本当の幸せをつかむには……

前川孝雄 (株)FeelWorks代表取締役 青山学院大学兼任講師

仕事に「生きがい、社会参加」を求めるシニア

 内閣府「平成 30 年版高齢社会白書」によれば、 60〜64 歳の労働力人口は1990年には372万人だったが、2017年には536万人にまで増加。 65〜69 歳は199万人から454万人に、 70 歳以上は161万人から367万人にまで増加している。労働力人口全体に占める 65 歳以上の割合は、1990年の5.6%から2017年には 12.2%にまで上昇している。また、調査時点で仕事に就いていた 60 歳以上の 42.0%が「あなたは何歳頃まで、収入を伴う仕事をしたいですか」という質問に対して、「働けるうちはいつまでも」と回答した。

 明治安田生活福祉研究所の「2018年50 代・ 60 代の働き方に関する意識と実態」によると、定年前正社員の8割が、定年後も働くことを希望している。もはや「定年=リタイア」という時代ではなくなったといえる。

拡大ITTIGallery/shutterstock.com
 さらに注目したいのが、ミドル・シニアが働く動機だ。

 厚生労働省「高齢社会に関する意識調査」)によると、就業理由で「経済上の理由」を挙げているのは40〜49 歳が最も多く( 77.55%)、年齢層が上がるほど目に見えてその割合は低下していく。 一方、「生きがい、社会参加のため」と回答した割合が最も多かったのは 70〜79 歳(58.3%)。次いで 80 歳以上( 50.0%)、 60〜69 歳(46.1%)となっている。年金だけでは生活が苦しいから働いているシニアばかりではなく、約半数の働くシニアは、仕事に「生きがい、社会参加」を求めているのである。

「元気だから働く」ではなく「働くから元気」になる

 このシニアの声にこそ、働くことの本質を読み取ることができる。

・・・ログインして読む
(残り:約1034文字/本文:約4472文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前川孝雄

前川孝雄(まえかわ・たかお) (株)FeelWorks代表取締役 青山学院大学兼任講師

1966年、兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒。2008年に人材育成支援を手掛ける(株)FeelWorks設立。「上司力研修」「50代からの働き方研修」などで400社以上を支援。2017年に㈱働きがい創造研究所設立。一般社団法人企業研究会研究協力委員、ウーマンエンパワー賛同企業審査員なども兼職。著書は『「働きがいあふれる」チームのつくり方』(ベスト新書)、『「仕事を続けられる人」と「仕事を失う人」の習慣』(明日香出版社)、『もう転職はさせない!一生働きたい職場のつくり方』(実業之日本社)など多数。30冊目となる最新刊は『50歳からの逆転キャリア戦略 「定年=リタイア」ではない時代の一番いい働き方、辞め方』 (PHPビジネス新書)

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです