メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

黒人奴隷、苦力、そして日本人移民の歴史

19世紀、米大陸に苦力と黒人奴隷を供給した非情のネットワーク

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 明治5年(1872年)7月14日、横浜港に停泊していた英国軍艦が、深夜の海上に漂う1人の男を救助した。男は近くに停泊するペルー船マリア・ルス号から脱出してきた中国人労働者(苦力=クーリー)だった。(注:クーリーは元々インド人労働者を指す呼び名だが、中国人の肉体労働者にも苦力という漢字をあてた)

拡大1863年ごろの横浜港の風景。沖合に停泊しているのは薩摩藩攻撃のために集結した英国艦隊とみられる=朝日新聞社刊「甦る幕末・ライデン大学写真コレクション」より

明治政府が初めて直面した国際的大事件

 ペルー船は中国のマカオからペルーに向かう途中で、船内には230人の苦力が悲惨な状態で閉じ込められていた。

 神奈川県権令(副知事)の大江卓は、外務卿・副島種臣から苦力の救助を命じられた。大江は弱冠25歳。万国公法の知識を生かし、裁判で中国人への虐待を認定して有罪判決を出し、苦力を解放した。

 ペルー側は国際仲裁裁判所に裁判の無効を申し立てたが、ロシア皇帝が裁判長を務めて審理した結果、苦力の契約が奴隷契約であることを認め、申し立ては却下された。

 この事件には副産物もあった。明治政府はペルー側から「芸妓・娼妓の人身売買を許可している日本に裁く権利はない」と批判された。そこで同年10月、芸娼妓解放令を出して人身売買を禁止したのである。

 これがマリア・ルス号事件のてん末で、近代化と不平等条約改正を目指す明治政府が初めて直面した国際的な大事件であった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る