メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 実は、日本が世界で最も平等な国だということに気が付いている人はそれ程多くないのではないだろうか。

 国連がトップ20%とボトム20%の所得比を調査した推計によると、日本は3.4倍と国連加盟国の中で最も低い(アメリカは8.4倍、ドイツは4.3倍、フランスは5.6倍、イタリアは6.5倍、イギリスは7.2倍)。北欧の比較的平等な国であるスウェーデンでも4.0倍、スイスでも5.5倍、フィンランドでは3.8倍になっている(統計は国際連合=UNのもの)。

 トップ10%とボトム10%の比較でも同様。日本は4.5倍とフィンランド5.6倍、スイス9.0倍、スウェーデン6.2倍より低くなっているのだ。

かなり平等だった江戸時代の日本

 日本の1人当りGDPはほぼ4万USドル(2019年40.847USドル=IMFによる2019年10月時点の統計)。フランス・ドイツ・イタリア等とほぼ同様の値だ。

 アメリカは65.112USドルと日本やヨーロッパ諸国より高いが、所得分配の平等性ということを考慮すると、おそらく、平均的日本人は平均的アメリカ人より豊かだといえるのだろう。

 アメリカは自由競争を国是とする国。前述したように、トップとボトムの所得比は先進国中最も大きくなっている。

 この日本の平等は最近のことというだけではなく、歴史的なものだと言えるのだという。歴史家の渡辺京二は名著「逝きし世の面影」(葦書房・1998年)で次のように、江戸時代の社会について述べている。

 当時の欧米人の著述のうちで私たちが最も驚かされるのは、民衆の生活の豊かさについての証言である。その豊かさとはまさに最も基本的な衣食住に関する豊かさであって幕藩体制下の民衆生活について、悲惨きわまりのないイメージを長年叩きこまれてきた私たちは、両者間に存するあまりの落差にしばし茫然たらざるをえない。

 1856年に来日して、伊豆下田のアメリカ領事館に「最初の領事旗」をあげたタウンゼント・ハリスの「日本滞在記」(坂田精一訳・岩波書店・1953年)を引用しながら、渡辺は次のようにも述べている。

 この一連のハリスの記述の含意は何だろう。彼は日本には悲惨な貧は存在せず、民衆は幸せで満足そうだと言っている。しかもそれとともに彼が言いたいのは、日本人の生活は上は将軍から下は庶民まで質素でシンプルだということである。『富者も貧者もいない』というのはそういう意味だ。そして、衣食を保障されたそういう簡素な生活こそ、『人民の本当の幸福の姿』だというところに彼の言わんとする核心があったのだし、それゆえにこそ彼は、己の使命がその幸福を破滅することにあるのを思って、しばし暗然たらざるをえなかったのである。

 つまり、江戸時代の日本は、庶民が豊かだったばかりでなく、富が権力者に集中して
おらず、経済や日常生活から見て、かなり平等な生活だったということなのだ。

 欧米の権力者への富の集中と、華美できんきらきんの王官や私邸に比べると、日本の権力者たちの生活はかなり簡素だったというのだ。

拡大MYMAPRANG/Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る