メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナウイルスで食料危機は起きるのか?

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

アメリカの失敗

 過去、世界最大の農産物輸出国アメリカが輸出制限をした例が二回ある。しかし、その結果はアメリカにとって惨憺たるものとなった。

・・・ログインして読む
(残り:約2689文字/本文:約5335文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。20年東京大学公共政策大学院客員教授。「いま蘇る柳田國男の農政改革」「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

山下一仁の記事

もっと見る