メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本の「祝日」を減らそう

年間16日も祝日がある国は先進国では日本と韓国だけだ

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

 現在の日本の祝日は1948年7月10日に公布、即日施行された「国民の祝日に関する法律」によって定められたものだ。当時はまだ占領下、戦前の日本の法律や慣習が、「民主的」でないと、次々と変更されていった時期だった。

拡大初の建国記念の日。大阪・戎橋筋商店街には目抜き通りいっぱいに日の丸が並んだ=1967年2月11日
 戦前1927年に制定された「休日に関する件」(昭和2年勅令第25号)が廃止され、新法によって祝日が変更されたのだった。

 廃止となった祝日は、元始祭(1月3日)、新年宴会(1月5日)、紀元節(2月11日、ただし昭和42年に建国記念日として復活)、神武天皇祭(4月3日)、神嘗祭(10月17日)、大正天皇祭(先帝祭、12月25日)の6つ。

 改称されたのは春季皇霊祭(春分日)→春分の日、天長節(4月29日)→天皇誕生日(当時、昭和天皇の誕生日)、秋季皇霊祭(秋分日)→秋分の日、明治節(11月3日)→文化の日、新嘗祭(11月23日)→勤労感謝の日の5つの祝日だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る