メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

プライドを持てる故郷に変える挑戦はエゴとの葛藤から始まった

「ワインツーリズム」発起人の笹本貴之さんの挫折とリスタート

岩崎賢一 朝日新聞バーティカルメディア・エディター

ライフシフト・笹本貴之さん拡大インタビューでは何度も「自分のエゴ」という反省の言葉を使っていた=岩崎撮影

 山梨県出身ということが東京にいるときから恥ずかしかった。方言なんてとんでもない。高校の同級生もみんな一刻も早く山梨を出ることを考えていたし、親も「こんなところにいるもんじゃない」と言っていた――。

 こう思っていたにもかかわらず、笹本貴之さん(48)は2000年に安定していた東京での生活を捨て夫婦で甲府市に帰郷した。「東京には自分の居る地域がなかった」から始まったライフシフト。しかし、故郷の山梨県でそこに暮らす人々がプライドを持てる価値を再発見し、自信を取り戻そうとする挑戦は、苦悩の旅でもあった。

「社会を変えたい」

 現在、甲府市内で木質燃料を使うペレットストーブの販売店やシェアオフィスを運営している笹本さんは、この20年間、様々な肩書で形容されてきた。

 実家は帰郷当時、県内最大手の板金塗装工場を経営していたため、家業の「営業部長」という肩書があった。数年後、「まちづくりサロン・KOFU Pride」(甲府プライド)という任意団体を立ち上げた。「月に1回、山梨のプライドと思えるようなものを探しながら楽しむ」。同じ問題意識を持つ同年代の仲間たちと、山梨にプライドを持てるモノやコトを探す集まりのリーダー的存在だった。

 「社会を変えたいという意識は子どものころからありました。ガキ大将から児童会長になったタイプで、仲間からは『大きくなったら社会を変えてくれ』とよく言われていました」

 11月の週末、借り上げたバスで巡回バスを走らせ、県内のワイナリーをワイン愛好家たちが回る「ワインツーリズム」の発起人としても知られる。

家業の売り上げ減を補えない新規事業

 大学卒業後、アメリカのワシントンD.C.の周辺にある黒人居住区で家の改築をするボランティアをしていた。政治経済を学びに渡米したと思っていた親からすれば、人種問題への関心は想定外だった。

ライフシフト・笹本貴之さん拡大アメリカ・ワシントンD.C.のサンドタウンで活動していたころの笹本さん。地域の子どもたちと一緒に記念撮影=提供写真

 帰国後、AIU保険会社(現AIG損害保険)に就職し、営業マンとして都内で仕事していたが、2000年に施行された地方分権一括法によって、地域主権や地方の時代ともてはやされる時代に世の中が変わってきた。「地方が盛り上がるのではないか」。こんな雰囲気と、笹本さんの気位が相まって、帰郷への背中を押した。

 「地方がもっと盛り上がると思っていました。でも、帰ってくると、同級生からは『何で帰ってきたんだ』と不思議がられました。妻の仕事も辞めさせて山梨に戻りましたので、後悔というか、やっちまったなと感じていました」

 しかし、帰郷後の現実は、前向きな気持ちとは裏腹に、逆回転を始めた。家業で始めた新規事業分野の売り上げが、本業の売り上げ減少をカバーしきれなくなってきたのだ。

 そんな笹本さんを最初に救ってくれたのは、「Kizan Winery」(キザンワイナリー)を経営する醸造家、土屋幸三さんとの出会いだった。

変革は「東京では絶対にできないこと」を探すことから始まった

――帰郷後、笹本さんは「甲府プライド」という言葉をよく口にしていました。どのような意味ですか。

 「甲府プライド」という集まりを、月に1回開いていました。私は当時、山梨にプライドを持っていなかった。みんなはどうかと尋ねると、仕事があるからいるけどほこりを持てていない人が多い現実がありました。でも、そうはいいつつ何かプライドを持てるものはあるだろうと考えました。

ライフシフト・笹本貴之さん拡大「まちづくりサロン・KOFU Pride」の仲間たちと街を歩く=提供写真

 旧市街地を町歩きしたら甲州みそを造っている「五味醬油」を見つけました。私たちとしては「発見」でした。山梨出身の映画監督を呼んで上映会もやりました。まちづくりに関する新書の読書会も。その中の一つにワインがありました。

 私はそれまで、山梨のワインを意識して飲んだことはありませんでした。当時、甲州種ブドウを使ったスパークリングワインを造ったところがあると聞き、どんな考えで造ったのか醸造責任者に話を聞きたくなりました。

 ブドウ畑の中の細い道を抜けていくとワイナリーに至り、小さな建物の中で醸造家が今年のブドウの出来や醸造の説明をしながらグラスに試飲のワインを注いでくれました。それを飲むとき、まるでその道中に見たり聞いたり感じたりした体験が、そのまま口から自分の中に入ってくるような感動がありました。「山梨はつまらない」と思っていた自分を恥じました。

 醸造家の土屋幸三さんとの出会いは、その後の自分の行動に大きな影響を与えました。東京では絶対にできないことで「一緒に何かできないかな」と思いました。それはワインの背景を五感でじかに感じながら、そのワインを味わうことで、この価値を表現することで人々に産地に来てもらい、ワインを買ったり食を楽しんでもらったり、宿泊してもらったりすることで山梨の地域経済が持続可能なものになるのではないかと考えました。イベントではなく何か事業にできないかということです。そして、思い切って土屋さんに相談しました。

――土屋さんからはどのような答えが返ってきたのですか。

 「笹本さんが考えているようなことは、ワインツーリズムというんです」と教えてくれました。ワイナリーがある地域全体を楽しむ、食も人も楽しむ、お祭りでもイベントでもない日常を楽しむ旅のスタイルがあるんですよと教わりました。その場で「それ、一緒に事業にしませんか」と言いましたね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

岩崎賢一

岩崎賢一(いわさき けんいち) 朝日新聞バーティカルメディア・エディター

1990年朝日新聞社入社。くらし編集部、政治部、社会部、生活部、医療グループ、科学医療部などで医療や暮らしを中心に様々なテーマを生活者の視点から取材。テレビ局ディレクター、アピタル編集、連載「患者を生きる」担当、オピニオン編集部「論座」編集を担当を経て、2020年4月からメディアデザインセンターのバーティカルメディア・エディター。『プロメテウスの罠~病院、奮戦す』『地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン』(分担執筆)。 withnewsにも執筆中。

岩崎賢一の記事

もっと見る