メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日仏「コロナ支援」比較~日本は世界から見放された!

経営者は今こそ「Withコロナ」から「ポストコロナ」を見据えた新戦略を考える時だ

神山典士 ノンフィクション作家

パリの従業員の給与明細を見ると…

 河合氏は2001年に渡欧し約20年間フランス、イタリア、ポルトガル等さまざまな国のレストランで腕を磨いてきた。現在の店のオーナーシェフになったのは2015年のこと。料理の本場の補償事情を聞くにはうってつけだ。さっそくメールで質問を重ねると、コロナ禍におけるフランス政府の方針が見えてきた。

 周知のようにフランスでは、3月16日にマクロン大統領がロックダウン宣言を発令。17日から食料品店と薬局以外全ての店舗が強制休業となった。4月13日には「5月11日までの休業延長」も出た。当然河合氏の店も休業している。

 従業員の生活はどうやって守っているのだろう? 河合氏はこう答えた。

 「休業しても従業員の給料は国から補償されています。補償率は契約した手取りの84%。今回の休業中ずっと出ます。ぼくらオーナーには所得補償はありませんが、1500ユーロの補助金が出ます。それと月の売り上げの3倍程度の額の融資が出ます。一年で返済すればほぼ利息なし(0.25%)、6年以内に返済で2年目からは通常どおりの1.5~2%の金利です。給料補償はロックアウトの2週間後に政策決定しました。その他、民間の保険会社とも契約していてデモや火事の時は保険金が出るのですが、今回は対象外と言われて大抗議運動が起きています」

 河合氏は、ある従業員の給与明細も示してくれた。

・・・ログインして読む
(残り:約3567文字/本文:約5182文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

神山典士

神山典士(こうやまのりお) ノンフィクション作家

1960年埼玉県生まれ、信州大学人文学部卒業。96年『ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝』にて小学館ノンフィクション賞優秀賞。2011年『ピアノはともだち、奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』(講談社、青い鳥文庫)が全国読書感想文コンクール課題図書選定。14年「佐村河内事件報道」により、第45回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)雑誌ジャーナリズム大賞受賞。「異文化」「表現者」「アウトロー」をテーマに様々なジャンルの主人公を追い続けている。最新刊は『トカイナカに生きる』(文春新書)。他に『知られざる北斎』(幻冬舎)、『もう恥を書かない文章術』(ポプラ社)『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』(角川新書)「社員の幸せを創る経営」(幻冬舎)等

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

神山典士の記事

もっと見る