メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナ。埼玉県1000人の患者が示す感染者の変化と院内感染の怖さ

ウイルスが高齢者ねらい撃ち、男女の割合が逆転、「自粛警察」の弊害も

松浦新 朝日新聞さいたま総局記者

拡大新型コロナウイルスの警戒が続く彩の国東大宮メディカルセンターの入り口=さいたま市北区(筆者撮影)

 感染者の確認が減ったように見える新型コロナウイルスだが、埼玉県の約1000人の感染者を分析すると幾つかの特徴が浮かんでくる。まず、女性の医療従事者と高齢者のウエイトが高まり、男女の割合が逆転した。また、4月上旬の緊急事態宣言後に「主役」だった中年男性の感染確認が急減する一方、院内感染にブレーキがかからない。

 「おうち」で暮らすステイ・ホームの「自粛生活」には、一定の効果はあったようだが、いよいよ動きが見えなくなったウイルスが、抵抗力が落ちた高齢者をねらい撃ちにする構図も透けてみえる。

急増する70歳以上・30代の患者。50・60代は急減

 埼玉県で確認された新型コロナ感染者は5月20日現在で延べ997人。19日には陽性者の発表が64日ぶりにゼロになり、一段落したような雰囲気も漂っている。しかし、その中身を子細に見ると、3月中に判明した100人では13%だった70歳以上の患者が、5月(113人)では32%と急増しているのが目につく。

 その一方で、減ったのは50代と60代で、3月の40%から17%へと急減した。これに対し、30代は3月の8%から5月には18%と、倍以上になった。男女の割合は、3月に60%と多数だった男性が5月には44%まで減り、男女が逆転している。

 3、4月の「主役」だった東京に近い県南地域に住む40代から60代の男性会社員が減り、かわって30代、40代で女性の医療従事者が増えたかたちだ。30代女性の13人のうち9人は医療従事者と発表された。また、40代女性9人のうち4人が医療従事者で、1人は介護職だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松浦新

松浦新(まつうら・しん) 朝日新聞さいたま総局記者

1962年生まれ。NHK記者から89年に朝日新聞社に転じる。くらし編集部(現・文化くらしセンター)、週刊朝日編集部、オピニオン編集部、特別報道部、経済部などを経て現在は東京本社さいたま総局に所属。共著に社会保障制度のゆがみを書いた『ルポ 老人地獄』(文春新書)、『ルポ 税金地獄』(文春新書)、『負動産時代』(朝日新書)などがある。

松浦新の記事

もっと見る