メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

わたしたちは何に根ざしているのか

今考えたい、これからの生き方・働き方

中川晃輔 求人サイト「日本仕事百貨」編集長

「日本仕事百貨」提供拡大「日本仕事百貨」提供

 「生きるように働く」

 これは、筆者が運営に携わる求人サイト「日本仕事百貨」が掲げてきた言葉だ。人生の多くを占める「働く」時間と、そうでない時間。両者の割合を適切にコントロールするのが「ワークライフバランス」の考え方だとすれば、どちらも連続した“生きている時間”と捉えるのが「生きるように働く」という考え方。「ワークライフインテグレーション」や「ワークアズライフ」などの言葉で表される概念とも近いと思う。

 これまでわたしたちは、会社に出勤したり、それぞれの現場に出向いたりすることで、「暮らし」と「仕事」を意識的に分けていた。ところがコロナ禍によって、それが難しくなった。「リモートワークの導入が多くの企業で進んだ」と言えば、働く場所も時間も自由になったような、前向きな感じがする。けれども実際には、プライベートな「暮らし」の空間に「仕事」が食い込んできた、というほうが、多くの人の実感に近いように思える。

 歓迎されない形で、コロナ禍はやってきた。ただ、その外圧を受けたことで、潜在的な感覚や思考が露わになってきたという側面もある。

 人と出会って関わることや、自由に移動できることの価値。潜在化していた「暮らし」と「仕事」のズレや矛盾。本当は、こんなふうに働いていきたいという想い。当たり前に続いてきた日常がストップしてみて、あらためて顧みることがたくさんあった。結果として今、多くの人が自分の生き方や働き方を見つめ直すタイミングにあるんじゃないだろうか。

 どのような変化に対しても、人はいずれ適応していく。ワクチンが開発されるか、時間が経って慣れていくのか、なんなのか。何が契機で、どんな形に変わるかはわからないけれど、新しい日常のあり方を見いだし、そのなかで生きていくことになる。移動や交流の機会はなくならないだろうし、バーチャルな世界がより発展していくかもしれない。リモートワークが当たり前になって、これまで以上に“自由に”働く人が増えていくかもしれない。

 望むと望まざるとにかかわらず、世の中は変化していく。そのなかで「どうありたいか?」。今問われているのは、そういうことのような気がする。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中川晃輔

中川晃輔(なかがわ・こうすけ) 求人サイト「日本仕事百貨」編集長

1992年生まれ。求人サイト「日本仕事百貨」編集長。全国各地のさまざまな職場を訪ね、その地で働く人の想いや企業のストーリーを取材。4,000字ほどの文章と写真で紹介している。コロナ禍を受けて、就職活動中の学生とともにオンライン座談会を開催。先の見えない今だからこそ、立場も年代も関係なく語り合い、新たな関わりを築いていけるんじゃないかと思っている。 【日本仕事百貨】 Twitterアカウント:https://twitter.com/sgt100ca Facebookアカウント:https://www.facebook.com/shigoto100

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです