メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アメリカ大統領選、バイデン勝利なら官僚は?

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

 アメリカ大統領選挙が11月3日に行われる(一般有権者による投票及び開票。選挙人による投票は12月14日)。共和党は現職大統領のドナルド・トランブ氏、民主党は元副大統領のジョー・バイデン氏。バイデン氏はバラク・オバマ大統領の下で2009年1月20日から2017年1月20日迄8年間副大統領を務めている。

 トランプ大統領は45代目の大統領だが、このところ、共和党、民主党が交互に大統領を務めることが多くなっている。1993~2001年は民主党のビル・クリントン大統領、2001~2009年は共和党のジョージ・ブッシュ大統領、2009~2017年は民主党のバラク・オバマ大統領、そして2017年からは共和党のドナルド・トランブ大統領となっている。

 又、1993年からは、いずれの大統領も二期務めている。二期目の選挙は特別の事情がない限りは現職が有利ということなのだろう。

 このパターンが続けば、トランプ大統領の再選という事になるが、現在までの世論調査では、バイデン氏がやや有利だとされている。

拡大Marvin Ruiter/Shutterstock.com

 「リアル・クリア・ポリティクス」の世論調査によると、バイデン氏が選挙人の222人、トランプ氏が選挙人の125人を獲得するだろうとの予想だ。選挙人の過半巣は270人なので、バイデン氏が後48人を獲得すれば過半数に達することになっている。

 もし、この世論調査通り、バイデン氏が勝利すれば、トランプ大統領は一期だけの大統領になってしまう。このところ、一期だけの大統領は1989~93年のジョージ・ブッシュ元大統領以来出ていないが、それ以前は、ジミー・カーター元大統領、ジェラルド・フォード元大統領、リチャード・ニクソン元大統領と一期だけの大統領も少なくなかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る