メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

社会的成功者たちが提唱する「ベーシックインカム」

それは弱者救済の切り札なのか、それとも弱者切り捨ての自己責任論なのか

原真人 朝日新聞 編集委員

 すべての人々が貧困から救われ、最低限の生活ができるだけの所得を保障される――。それは近代国家の夢であり理想像でもあった。

 16世紀にはトマス・モアが著書『ユートピア』でそう夢想し、ジョン・スチュワート・ミルやミルトン・フリードマンら経済学の泰斗たちはそのための提言もしてきた。近年それは「ベーシックインカム」と呼ばれるようになり、究極の貧困対策としてしばしば注目されてきた。

 今年、新型コロナウイルス感染拡大で多くの人々が生活困難に陥ったのを機に、いま改めて注目を浴びている。パンデミックが呼び起こしたベーシックインカム待望論は、はたして検討に値するのか。

コロナ禍で盛り上がる導入論

 コロナ禍による雇用消失と貧困は世界的な現象である。それに苦しんでいない国はないし、解決策に頭を悩ませていない政府首脳はいないだろう。困難に立ち向かう対処法として、ローマ教皇やグテーレス国連事務総長、ジョンソン英首相ら世界の要人たちからはベーシックインカムの導入を求める声が出ている。

 「ベーシックインカム」とは、すべての国民に最低限の生活を営めるだけの現金を定期支給する制度だ。生活保護費のように支給対象者を絞るための厳しい審査はいらず、支給対象になったことによって周囲から差別を受けることもない。その点では貧困に対する究極の安全網とも言える。

 もともとは人間らしさをもたらす経済的な安定を求める左派の主張から登場した制度だった。ところがその後は、「小さな政府」をめざす新自由主義の立場からも、社会保障のスリム化、合理化を目的としての導入論が提唱された。

 菅政権でもベーシックインカム導入が検討される可能性はある。政権発足後、菅義偉首相がすぐさま会った民間人で、首相が経済ブレーンと頼む東洋大教授でパソナグループ会長の竹中平蔵氏が導入論者だからだ。

拡大竹中平蔵氏

 竹中氏は菅首相と会食した5日後、BS―TBS「報道1930」に出演し、国民1人月7万円を支給するベーシックインカム案を紹介した。竹中氏はこれを「負の所得税」といい、所得が一定以上の人は、あとで確定申告などを通じて政府に返せばいい、と説明している。これによって「生活保護も年金もいらなくなる」「7万円で満足できなければ、あとは自分で稼いでという、ある意味すごくフェアな制度だ」とも語った。

 なぜベーシックインカムがいま必要なのかについて、竹中氏は「これから若い人がいろんな挑戦をしないといけない。ただ失敗する可能性だってある。そのままでは非常に不安定な社会になるから、そのときに一つの安心のよりどころとして制度を作るべきだと考えた」という。

 どうやら竹中氏はローマ教皇のような弱者救済の視点で導入論を唱えたわけではなさそうだ。どちらかといえば、菅首相のモットーとする「自助」の精神に近い。つまりは自己責任論の延長線上にベーシックインカムを置いていると言えるのではないか。

 このとき「報道1930」に竹中氏と一緒に出演していた私は「最近、日本でベーシックインカム導入論を唱えているのは、ヘリコプターマネーでお金をばらまけば景気が良くなるというリフレ派、それと孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長や竹中さんのような社会的成功者たちだ」と発言した。そのとき竹中氏がすごく嫌そうな顔を見せたのが印象的だった。

 ベーシックインカムに詳しい宮本太郎・中央大教授は「ベーシックインカムは四つの変数でまったく違った制度になる」と指摘する。①どれだけの給付水準か②既存の給付やサービスの何を廃止するのか③いかなる税制を設定するか④給付に何らかの条件をつけるか、の4基準だ。その結果によって、社会民主主義的ベーシックインカム、新自由主義的ベーシックインカム、保守主義的ベーシックインカムに分かれるという。

 「累進的な所得税で財源を調達し、高い水準のベーシックインカムを導入するか、経済支援の制度全般を大きく縮小して財源を調達しつつ、現行の税制の枠内で(あるいは減税をして)導入するかで、まったく別物となる。社会民主主義的なベーシックインカムか、経済的自由主義に基づくベーシックインカムかという違いだ」と宮本氏。

 さらに保守主義的ベーシックインカムというのは「ベーシックインカム導入のために保育サービスなどの財源が犠牲になり、女性が家庭で家事や育児を担うことの報償のような意味をもつタイプ」という。「制度の導入がかえってジェンダー分業を固定化させる結果をもたらすなら、制度としては保守主義的な性格が強まるからだ」と宮本氏は言う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

原真人

原真人(はら・まこと) 朝日新聞 編集委員

1988年に朝日新聞社に入社。経済部デスク、論説委員、書評委員、朝刊の当番編集長などを経て、現在は経済分野を担当する編集委員。コラム「多事奏論」を執筆中。著書に『日本銀行「失敗の本質」』(小学館新書)、『日本「一発屋」論 バブル・成長信仰・アベノミクス』(朝日新書)、『経済ニュースの裏読み深読み』(朝日新聞出版)。共著に『失われた〈20年〉』(岩波書店)、「不安大国ニッポン」(朝日新聞出版)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

原真人の記事

もっと見る