メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 既に1992年、アーサー・シュレシンガーが「アメリカの分裂」という著書を出版している。人種のルツボと言われ、民族的多様性を誇りにしてきたアメリカが分裂しようとしていると、ケネディーのブレインでもあった著名な歴史学者が警告したのだった。

 それから30年、アメリカの分裂はさらに深まって来たように思える。嘗て白人中心の国だったアメリカ(1960年、白人の割合は全体の85%)は、今や白人以外がマジョリティーになりつつある。2050年には白人は47%、ヒルパニック系29%、黒人系13%、アジア系9%、その他2%になると予測されている。

 そして、家庭で使われる言語は、英語以外の言葉か増加してきている。例えば、ロサンゼルスでは英語以外を使う家庭が60.5%、スペイン語を使用する家庭が43.8%と、英語のみを使用する家庭39.5%を上回っている。さすがに、フィラデルフィアやデトロイト、インディアナポリスなどでは英語のみを使用する家庭が8割前後だが、多様な人種を抱えるロサンゼルスやサンフランシスコでは英語以外を使用する家庭が多くなっている。(サンフランシスコでは英語以外の言語使用率44.2%、アジア太平洋語が25.3%)

拡大Markus Mainka/Shutterstock.com

白人が少数派に転落する日

 2000年と2010年を比べると全人口の69.1%を占めていた白人が63.7%に減少しているのに対し、ヒスパニック系は12.5%から16.3%に増加している。 黒人は12.0%から12.2%へ、アジア系は3.6%から4.7%に増えているが、最も増加率が大きいのはヒスパニック系なのだ。ヒスパニック系出身国ではメキシコが63%、プエルトリコ9.2%、キューバ3.5%、エルサルバドル3.3%、ドミニカ共和国2.8%となっている。

 時代とともに、非白人、特にヒスパニック系が増加する傾向にある。2015年には全人口に占める白人の割合は61.7%、ヒスパニック系は17.8%だったが、2060年には、白人の比率は42.6%まで下がり、ヒスパニック系は30.6%迄増加すると予測されている。つまり、2060年には白人とヒスパニックの比率はかなり接近し、その比率は2015年の43.9%から71.7%迄上がってくるという訳なのだ。

 ヒスパニック系に黒人、アジア系などの他の非白人系を加えると、2060年には白人は全体の42.6%と少数派に転落することに為る。要するに2060年にはアメリカは最早アングロ・サクソン系の国ではなくなるという事だ。

 2010年の国勢調査では、まだ、アメリカ人の出身はドイツ系がトップで17.4%、アイルランド系11.6%、イングランド系が9.0%となっているが、既にアフリカ系が13.6%、メキシコ系が10.9%と白人の比率に迫ってきている。現在、スペイン語は2番目に使用されている言語になっており、3500万人の話者がおり、スペイン語の新聞、テレビ・ラジオ局なども多くなってきている。新聞では日刊26紙、週刊428紙、その他378紙の計832紙が発行されている。又、テレビについても、全米41局以上のスペイン語テレビ局があり、CNN,HBO, デイスカバリーチャンネル、ESPN等のケーブル局もスペイン語チャンネルを設けている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る