メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「キッズライン問題」とジャーナリズムの役割⑤

止まらないタレコミ

中野円佳 フリージャーナリスト

杜撰だった「厳格な審査」

 キッズラインがどのようにシッターを選考しているかについて、6月16日にBusiness Insider Japanで記事を公開した。キッズライン側が「厳格な審査」と主張してきた選考プロセスの実態は

・・・ログインして読む
(残り:約1311文字/本文:約2963文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中野円佳

中野円佳(なかの・まどか) フリージャーナリスト

東京大学教育学部卒業後、日本経済新聞社。2014年立命館大学大学院先端総合学術研究科修士号。2015年よりフリージャーナリスト、東京大学大学院教育学研究科博士課程。過去に厚労省「働き方の未来2035懇談会」、経産省「競争戦略としてのダイバーシティ経営の在り方に関する検討会」委員。2017年よりシンガポール在住。著書に『「育休世代」のジレンマ』『なぜ共働きも専業もしんどいの』など。

中野円佳の記事

もっと見る