メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

重光葵~戦後活躍したA級戦犯

日本の国連加盟を実現させた外交官出身の外務大臣

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

拡大外務次官のころの重光葵=1934年
拡大晩年の重光葵

 重光葵は1911(明治44)年9月、外務省に入省している。文官高等試験外交科に合格した同期には、後に首相になった芦田均などがいた。1930(昭和5)年には駐英公使となり、その後、中ソ公使、駐英大使を歴任している。

戦中は東条英機のブレーンの外相。戦後は巣鴨に収監

 1941(昭和16)年に大東亜戦争(太平洋戦争)が始まった後は東条英機内閣、小磯国昭内閣において外務大臣を務めている。

拡大米戦艦ミズーリの艦上で、連合国軍最高司令官が提示した降伏文書に調印する日本の全権、重光葵外相。テーブルの手前、後ろ向き右がマッカーサー元帥。後方に並ぶのは各国代表。向こう側は日本代表団=1945年9月2日
 東条首相のブレーンとして自らの主張を現実にするために、1943年、大東亜会議を開くために奔走し、同年、11月5日から6日に会議を開くことに成功した。周知のように、同会議にはビルマの初代国家代表のバー・モウ、中華民国の初代首席・汪兆銘、インドのチャンドラ・ボーズ等が出席している。

 こうした経緯から、戦後はA級戦犯として禁固7年の判決を受け、巣鴨拘置所に収監された。A級戦犯としては最も軽い刑だったが、逮捕から4年7カ月ほど拘置所生活を送っている。判決後も2年ほど続き、判決後2年で仮出所となっているが、この仮出所はGHQによる恩赦によるものであった。

拡大東京・市谷の極東国際軍事裁判所に出廷する重光葵被告=1948年11月
拡大極東国際軍事裁判の判決で、禁固7年の量刑言い渡しを聞く元外相の重光葵被告=1948年11月12日

公職復帰で衆院3期、政党首脳歴任、4回目の外相

 重光は講和条約の発効、公職追放解除後、衆議院議員に3回選出されている。

 改進党総裁、日本民主党副総裁を務めている。改進党総裁であった1952(昭和27)年に野党首班候補として内閣総理大臣の座を吉田茂と争い、敗れている。その後、鳩山一郎派と合流して日本民主党を結党させ、1955(昭和30)年の保守合同による自由民主党の結党に参加している。

 1954(昭和29)年から1956年12月の期間、第1次~第3次鳩山内閣で、重光は第二次世界大戦中の3回に続いて4回目の外務大臣を務めている。1955年4月、インドネシアでアジア・アフリカ29カ国が集まるアジア・アフリカ会議(バンドン会議)が開かれ、アジア・アフリカの諸国が第三勢力として協力し合う方針を打ち出した。日本はこの会議でアジアの一員として国連加盟の支持を得ている。

拡大国民民主党、農民協同党、新政クラブなどで結成した保守政党「改進党」の臨時全国大会が東京・日比谷公会堂で開かれ、重光葵を初代総裁に選んだ。写真は杖をついて公会堂を出る重光新総裁を迎える群衆=1952年6月13日

国連本部で加盟受諾演説。「思い残すことなし」

 1956年12月18日、国連総会は加盟76カ国の全会一致で日本の国連加盟を承認した。重光は日本の加盟が認められたことに対する加盟受諾演説で「日本は東西の懸け橋になりうる」と表明し、多くの加盟国代表から拍手で受け入れられた。

 その直後に国連本部内庭に自らの手で日章旗を掲げた重光は、その時の心境を「霧は晴れ国連の搭は輝きて高く掲げし日の丸の旗」と詠んでいる。

 帰国前の12月23日、日本では第三次鳩山内閣が総辞職して、石橋湛山内閣が成立していたため、重光も辞任して、岸信介に外相ポストを譲った。日本への帰途、重光は同行した加瀬俊一に対して笑顔で「もう思い残すことはない」と語ったという。

 2021年現在、日本の外務大臣で外務官僚の経歴を持つ人物は重光が最後となっている。

拡大日本の国際連合への加盟が認められ、総会で加盟あいさつの演説をする重光葵外相=1956年12月18日、米ニューヨークの国連本部

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

榊原英資の記事

もっと見る