メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍で進む学校の二極化 オンライン授業の遠い道のり

住田昌治・横浜市立日枝小学校校長が考える学校の現在地とこれから

岩崎賢一 朝日新聞バーティカルメディア・エディター

 一斉休校や感染対策に追われてきた学校現場。新型コロナウイルス感染症は、学校運営にパラダイムシフトを起こしたのでしょうか? 実情を知りたくて、職員室のマネジメント改革を提唱してきた横浜市立日枝小学校の住田昌治校長を訪ねました。

 住田さんによると、学校では二極化が進む傾向が見られ、学校行事のスリム化でも揺り戻しが起きているそうです。加えて「家庭の経済的事情や福祉、医療のケアは、学校がからむことが難しい」と語る住田さんに、学校現場からみたコロナの「現在地」と「これから」について聞いてみました。

新型コロナ・キーパーソンに聞く・住田昌治さん拡大

子どもの表情から垣間見える家庭の不安

 新型コロナウイルス感染症に関するインタビューから約1年2カ月が過ぎました。当時は、政府のリーダーシップによる全校休校という措置の最中でしたが、現在は一定の感染対策をしたうえで、小学校、中学校、高校では通学による授業を維持しています。3度目の緊急事態宣言を迎えている現在、学校現場はどうなっているのでしょうか?

――この1年、子どもたちの表情の変化で気づいたことがありますか?

 昨年6月に学校を再開した時は、マスクをして声を出すことも控えていたので、教室は静まりかえっていました。感情をあらわせない子どもが目につきました。人と人との関係をコロナ対策で、一度断ち切られたためです。

 少しずつ周囲に気をかけることができるように回復してきましたが、これには時間がかかります。人と人とのふれあいが子どもの成長に大切であることを、改めて実感しています。

 学校ではマスクを付けた生活が日常化しました。たとえば、この春に入学した1年生は最初からマスク生活です。マスクをしているので、子どもたちの表情がつかみにくいです。

 心配なのは、家庭環境の変化が子どもに与える影響です。コロナの影響で親が仕事を失ったり、自宅待機になったりしていると、子どもは不安を覚えます。親のもとを離れたくないという感情が生まれ、学校に通学しにくくなることもあります。あるいは、家族が家で過ごす時間が長くなったことで夫婦関係がこじれ、さびしい思いや不安を抱えている子どももいます。

 そのせいでしょうか、表情が暗い子どもたちが目につきます。とはいえ、こうした家庭の経済的事情や人間関係、福祉、医療といった側面からのケアに学校がからむことは難しいです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

岩崎賢一

岩崎賢一(いわさき けんいち) 朝日新聞バーティカルメディア・エディター

1990年朝日新聞社入社。くらし編集部、政治部、社会部、生活部、医療グループ、科学医療部などで医療や暮らしを中心に様々なテーマを生活者の視点から取材。テレビ局ディレクター、アピタル編集、連載「患者を生きる」担当、オピニオン編集部「論座」編集を担当を経て、2020年4月からメディアデザインセンターのバーティカルメディア・エディター。『プロメテウスの罠~病院、奮戦す』『地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン』(分担執筆)。 withnewsにも執筆中。

岩崎賢一の記事

もっと見る