メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ポスト菅」はどうなるのか〜動き出した自民党

「危険水域」の内閣支持率、党ではなく政権への不信任

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

 菅義偉総理大臣の任期は2021年9月30日で満了する。そして、自民党は総裁選の日程について協議を始めたのだ。二階幹事長は菅総理を変える意義は見当らないとして、継続を支持する考えを強調したが、内閣支持率は7月のNHK世論調査33%で、発足以来最低になっている。他方、不支持率は46%で発足以来最高なのだ。菅内閣発足時の支持率は56%とかなり高かったのだが、その後下がり続け、ついに33%まで落ちてしまったのだ。自民党の支持率は34.9%と若干下がっているものの、立憲民主党(6.0%)、公明党(3.3%)、共産党(3.3%)を大きく上回っているのだから、不支持率の上昇は自民党への不信任ではなく、菅内閣への不信任と考えられるのだ。

昨年、自民党総裁選に勝利したときの菅義偉首相拡大昨年、自民党総裁選に勝利したときの菅義偉首相
 朝日新聞の8月上旬の世論調査では内閣支持率は28%とNHKのそれよりもさらに低くなっている。発足以来、初めて3割を切って、危険水域に入ってしまっているのだ。当然、自民党内ではポスト菅の候補が取りざたされるようになってきている。ニュース報道やSNS等、ネット上の国民の声を集計して計算されたものでは、トップは河野太郎氏、これに岸田文雄氏、石破茂氏が続いている。東京都知事の小池百合子氏も有力候補としてランクインしている。
・・・ログインして読む
(残り:約1367文字/本文:約1894文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

榊原英資の記事

もっと見る