メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ポスト菅も逃れられないアベノミクスの呪縛

官製株価とマイナス金利による「異常な均衡」を破る政治家は登場するか

原真人 朝日新聞 編集委員

巨大リスクためこむ日銀の国債買い支え

 ただ、懸念されてきた国債暴落は起きず、「アベノミクスは成功」と受け止める国民も少なくない。安倍氏本人はそうやって宣伝している。

 だが、それは間違いだ。アベノミクスは失敗だった。インフレ目標も達成していないし、財政破綻の巨大リスクは膨らみ、将来に先送りしているにすぎない。

 アベノミクスに付き従う黒田東彦総裁の指揮のもとで日銀がめざしてきたのは2%インフレ目標の2年以内の達成だった。適度なインフレ状態をつくれば、消費が活発になって企業が潤い、賃金が上がってますます消費が活発になる。経済がそのような好循環になれば、経済成長率も上昇、税収も増え、財政も立て直せる――。そんなもくろみだった。

 実際には8年以上にわたる大胆な金融緩和にもかかわらず、いまだに2%インフレは達成できていない。今後数年にわたって達成できる見通しも皆無だ。もちろん経済成長率も目に見えて上昇することはなかった。

日銀本店=筆者撮影拡大日銀本店=筆者撮影

 政策が空振りだっただけでない。コストが重すぎた。日銀が抱えている国債は以前の4倍の500兆円超まで膨れあがった。これは政府の発行済み国債残高の半分近くに当たる。まさに日銀が輪転機を回して紙幣を刷り、政府予算の財源をどんどん捻出しているようなものなのである。

 安倍氏が言うように、「政府・日銀の連結決算」は魔法のように借金を事実上消し去ってしまうのだろうか。残念ながら、まったくそんなことにはならない。政府は借金を負ったままだし、もしそれを日銀に押しつけるようなことがあれば、こんどは日銀がリスクを抱えた状態になるだけのことだ。

 何かの拍子にもし国債が暴落したら(首都直下地震や富士山噴火などの自然災害でもそれは起きうる)、大量に国債を抱えている日銀のバランスシートは悪化し、一気に信用を失う。そうなると、こんどは円(日銀券)が暴落するだろう。海外からの輸入品の価格は急上昇して、短期間に急激なインフレが起きる可能性が高い。1年で数倍、数十倍の上昇率となるハイパーインフレが発生しないとは言えないのである。

 インフレを抑え込むために、日銀は金利を大幅に引き上げて引き締めしなければいけなくなる。経済活動に急ブレーキをかけることになるから大不況に陥るだろう。それが再び国債価格の下落(長期金利の上昇)を引き起こすという悪循環に陥っていく。財政を悪化させた新興国でしばしば見られる経済危機の典型的パターンだ。

 日銀の信用を立て直して円暴落を止めるためには、政府が数十兆円規模の資本注入を日銀に対してしなければいけなくなる。とはいえこの段階で政府にそんな財源が用意できるわけがない。政府の財源はもともと日銀がお札(電子データも含む)を刷ってまかなってきたのだから。

 このとき、信用を失った日銀が日銀券をいくら刷り増そうと、紙切れ扱いされるだけだ。政府はいよいよ打つ手がなくなり、最後には、苦しむ国民に追い打ちをかけるように増税するか、ハイパーインフレによって事実上の借金踏み倒し(国債の無価値化)をするか、いずれにしても国民に負担を押しつけることでしか事態を収められなくなる。

 つまり安倍氏が言う「政府・日銀連合軍」の実態は、タコが自分の足を食ってその場しのぎをしている構図にすぎない。古今東西、錬金術に手を染めた政府の末路は、国民生活を犠牲にして政策の過ちを清算するしかないのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

原真人

原真人(はら・まこと) 朝日新聞 編集委員

1988年に朝日新聞社に入社。経済部デスク、論説委員、書評委員、朝刊の当番編集長などを経て、現在は経済分野を担当する編集委員。コラム「多事奏論」を執筆中。著書に『日本銀行「失敗の本質」』(小学館新書)、『日本「一発屋」論 バブル・成長信仰・アベノミクス』(朝日新書)、『経済ニュースの裏読み深読み』(朝日新聞出版)。共著に『失われた〈20年〉』(岩波書店)、「不安大国ニッポン」(朝日新聞出版)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

原真人の記事

もっと見る