メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

岸田内閣は安倍傀儡政権なのか?

“キングメーカー”の好き嫌いで決まる政治、国民にとっては不幸

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

安倍氏による党内閣支配?

 岸田内閣が安倍晋三元総理の支援を受けて誕生した。

 党の要職では、安倍氏と並んでトリプルAと言われた麻生前財務大臣が自民党副総裁に、甘利元経済産業大臣が自民党幹事長に就任した。安倍氏が総裁選挙で強力にバックアップした高市早苗氏は政調会長に、総務会長には安倍氏が属する細田派の福田達夫氏が任命された。これで、副総裁と党三役全てが安倍氏に近い人となった。

 政府では、内閣の要の官房長官には細田派から松野博一氏、重要閣僚である財務大臣に麻生氏の義弟の鈴木俊一氏、経済産業大臣には安倍氏の側近の萩生田光一氏、がそれぞれ任命され、防衛大臣には安倍氏の弟の岸信夫氏が再任された。萩生田氏については、当初官房長官を予定していたが、安倍色が強すぎるとして松野氏に落ち着いたと報じられている。また、岸氏は体調不良で公務からしばらく遠ざかっていた。

衆院本会議での首班指名選挙中、会話を交わす甘利氏(奥右)と安倍元首相(奥左)拡大衆院本会議での首班指名選挙中、会話を交わす甘利氏(奥右)と安倍元首相(奥左)

 他方で、総裁選を戦った河野太郎氏は広報本部長に格下げされ、河野氏を支持した石破茂元幹事長のグループの人たちや小泉進次郎前環境大臣は、閣僚には任命されなかった。2012年安倍氏が総裁になったときでさえ、総裁選を争った石破氏を幹事長に任命している。総裁選後の「ノーサイドだ」という岸田氏の発言からは、異なる結果となっている。安倍氏が“小石河連合”は許さないとしたのだろうか、あるいは岸田氏が忖度したのだろうか?ブラックボックスの中は、部外者にはうかがい知れない。

 こうしてみると、報道されている通り、安倍氏の影響力の強い政権である。安倍氏は、かつての田中角栄氏のようなキングメーカーになったようである。

安倍支配打破?

 ところが、岸田氏は総裁選で勝利した後、「生まれ変わった自民党の姿をしっかりと国民に示す」と宣言している。また、「政治の根幹である信頼が崩れている」とも発言している。

 この発言からすれば、国民は、安倍氏に抗して、財務省職員を自殺に追い込んだ森友学園問題や桜を見る会の真相解明に本腰を入れてやってくれると期待するだろう。

 しかし、岸田氏は総裁選中に森友学園問題の再調査について問われ、いったんは「国民が判断する話だ。国民が足りないと言っているので、さらなる説明をしなければならない課題だ。国民が納得するまで説明を続ける」と前向きと受け止められる発言をした。しかし、安倍氏が高市氏支持を表明した後に、「再調査をするとか、そういうことを申し上げているものではない」と述べ、再調査を否定した。総裁選後の記者会見でも、「政治の立場からしっかり説明していかなければいけない」と語る一方、「行政において調査が行われ報告がしっかりなされている」などとして、ふたたび再調査を否定した。党や政府の顔ぶれからしても、この問題に積極的に取り組もうとする姿勢はうかがえない。崩れた政治の信頼は回復できそうにない。

 菅前総理を退陣に追いやり、現職抜きの総裁選に持ち込んだのは、権力者である二階前幹事長を更迭することになる岸田氏の党役員の任期を制限する提案がきっかけだった。これが菅氏のエラーを生んだが、後付けの講釈をすると、この思い切った提案が岸田総理を実現したことになる。政治家としての大きな賭けに岸田氏は勝利した。優柔不断というイメージが強い岸田氏としては、大胆な決断だった。安倍氏に対して、二階氏に対してと同様の賭けをするかどうか、今の状況では、可能性は低いだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。20年東京大学公共政策大学院客員教授。「いま蘇る柳田國男の農政改革」「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山下一仁の記事

もっと見る