メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今後の政策展望はどうなる〜「参院選も与党大勝か」という試算も

政権交代を至上命題とする発想から脱却を

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

自民の「不思議の勝ち」と立憲民主の「必然の負け」

 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。」剣道でよく言われるこの言葉こそ、今回の選挙に最もよく当てはまりそうだ。

 森友学園問題や桜を見る会の不祥事や新型コロナへの対応など、安倍・菅政権を引き継いだ岸田政権には、相当な逆風が吹いていた。同時に2012年以降3回の総選挙で自民党は大勝していた。このため、選挙前には、自民党は大幅に議席を減らすのではないかと予想された。岸田総裁自身、選挙前の276議席から40席以上も減らしても、過半数の233を維持すれば、まずまずだと思っていたはずだ。当日の選挙速報でも、最初のうちは、自民党は過半数を確保できないかもしれないという負けムードだった。それがわずか15議席減に収まり、261議席の“絶対安定多数”を獲得した。

岸田文雄首相(10月31日撮影)拡大岸田文雄首相(10月31日撮影)

 逆に、共産党との選挙協力を実現し、約7割の小選挙区で統一候補を擁立した立憲民主党は、議席数を大きく伸ばすものと予想された。しかし、結果は13議席減の惨敗となり、枝野代表は辞任に追い込まれた。

 戦前の予想は全く当たらなかった。下馬評の低いチームが実力のあるチームに勝利したようなものである。高校野球で、力のないチームがどうして勝ったのか分からないときに使われる“無心の勝利”または“無欲の勝利”というものだろう。

コロナ感染者激減という予想外の「運」

 勝った自民党に風が吹いたわけではない。自民党の政権運営、政策実績、政策提案が評価されたわけではない。自民党はよくわからないうちに勝ってしまったのである。勝ち方も圧勝とは言えなかった。石原伸晃、野田毅氏ら大物議員が落選した。比例復活したものの、現職の幹事長が小選挙区で議席を失った。小選挙区では僅差の勝利が多かった。総じてみると、辛勝と言ってよいだろう。岸田総理が応援に入った選挙区の勝率は5割に届かなかった。自民党幹部は、まさに「勝ちに不思議の勝ちあり」という思いだろう。

岸田文雄首相(10月19日撮影)拡大岸田文雄首相(10月19日撮影)

 一つの要因は、専門家も原因を明確に特定できないほど、新型コロナの感染者数が激減したことだ。自民党の総裁選前にこれだけ減少していれば、菅前総理は総裁選出馬を断念しなくてもよかったかもしれない。もし、感染者数の減少に政策が効果を発揮していたとすれば、それは岸田氏が追い落とす形となった菅政権の功績である。自民党にとっては、新型コロナ対応の失敗という最悪の材料がなくなった。立憲民主党にとっては、自民党を攻撃できる最大のイッシューが消えてしまった。岸田総理は、運が良かった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。20年東京大学公共政策大学院客員教授。「いま蘇る柳田國男の農政改革」「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山下一仁の記事

もっと見る