メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

バブルの怪人への乱脈融資に突き進ませた母体行への対抗心

【9】末野興産に入れ込んだ九州リースサービスの悲劇/1996年

大鹿靖明 ジャーナリスト・ノンフィクション作家(朝日新聞記者)

 長く経済取材をしていると、功名心や復讐心、対抗心といった経営者の個人的な感情が経済合理性や理性的な判断を上回り、企業の運勢を大きく変えてしまう出来事に遭遇することがある。しょせん、企業トップも「人間」である。いっときの時代の空気に呑まれ、それに個人の功名心も手伝って、後から振り返ると愚かしいことに手を染め、企業を存亡のふちに追いやってしまう。取材を通じて、そんなことを初めて実感したのは、福岡に勤務していたころ追いかけた九州リースサービスの不良債権問題だった。

子会社に追い出されグループ統制に服さぬ「関東軍」の拡大路線

 九州リースサービスは1974年、福岡の第二地銀である福岡シティ銀行と、日本長期信用銀行系の日本リースの業務提携によって、九州地場のリース会社として誕生した。オフィス用品や飲食店の厨房機器、自動車などのリースという堅実な業務を担ってきた同社が、その業容を大きく変えるのは80年、福岡シティ銀行常務から転じた元石昭吾が社長に就任してからであった。

拡大福岡シティ銀行常務取締役のころの元石昭吾氏=西日本シティ銀行のウェブサイトから
 福岡シティ銀行(前身の福岡相互銀行)は四島一二三が創業し、69年に息子の司が後を継いだ。銀行には珍しい同族経営の会社だった。元石は先代の一二三にかわいがられたものの、跡継ぎの司とはしっくりいかない。主流の営業部門にいたのに次第に外され、ついには九州リースの社長に追い出されてしまった。

 先代の一二三は謹厳な頭取だったが、二代目の司は型破りで毎晩のように飲み歩き、美術品の収集に熱をあげた。それを元石は冷ややかに見る。やがて二人は決定的に対立した。現代美術のコレクターだった四島司が、シティ銀行グループ各社に対して美術品の購入資金を割り当てた際に、九州リースの元石は「なんでウチの会社が、頭取の道楽のために美術品の購入代金を負担しないといけないのか」と突っぱねた。以来、二人の関係は隙間風が吹き、九州リースは、福岡シティ銀行グループ内にあって、まったく別動隊のような動きをするようになる。いわば統制に服さない関東軍のような存在である。

 「元石さんは『今に見ておれ、四島なにするものぞ』という気持ちが強かった。それまではちっぽけなリース会社だったのが、元石さんが拡大路線をとっていったんです。福岡シティ銀行から融資先を紹介されたわけでも斡旋されたわけでもなく、独自に融資先を開拓していったんです」(北山嘉彦元専務)。

 九州リースは82年に融資業務に参入し、88年には福岡証券取引所に上場した。地銀系のノンバンクとしての上場はきわめて珍しく、九州リースはシティ銀行グループの中で最も勢いがあった。16人の取締役・監査役のうち8人はシティ銀行出身者だったが、しかし、古巣への感情は微妙だった。「本当はもっと銀行にいたかったけれど、こっちに来ることになってしまったんです」(菊池為雄元常務)と、屈折した心情を抱いていた人が少なくなかった。

 九州リースは、人材を母体行のシティ銀行に頼るのではなく、都内の有名大卒のUターン希望者に求めた。融資先もシティ銀行の影響力が強い福岡を離れて、東京や大阪へ拡大していった。日本中がバブルに浮かれていた時代だった。元石は、四島司頭取の出席する経済人の会合で「これからは銀行の時代ではありません。ノンバンクの時代です」と、これみよがしに熱弁をふるったこともあった。

 地価も株価も右肩あがりだった。九州リースの91年の長期借入金3200億円のうち、長銀からの借り入れが500億円を占め、シティ銀からのはわずか3億円に過ぎなかった。そうやって調達した資金を、東京や大阪の見ず知らずの不動産ディベロッパーやゴルフ場に湯水のように注ぎ込んでいった。

拡大福岡相互銀行社長のころの四島司氏。1989年に福岡シティ銀行と商号変更し頭取に。81年から全国相互銀行協会会長を務め、「相互銀行の普通銀行への一斉転換」を89年に実現させた

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) ジャーナリスト・ノンフィクション作家(朝日新聞記者)

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。ジャーナリスト・ノンフィクション作家。88年、朝日新聞社入社。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』、『東芝の悲劇』がある。近著に『金融庁戦記 企業監視官・佐々木清隆の事件簿』。取材班の一員でかかわったものに『ゴーンショック 日産カルロス・ゴーン事件の真相』などがある。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。レコ漁りと音楽酒場探訪が趣味。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大鹿靖明の記事

もっと見る