メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

20世紀末にさかのぼる自公連立政権

自民党のメリットとデメリット

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

最初は小渕改造内閣から

 1999年10月5日、小渕第2次改造内閣の下で自由民主党と公明党が連立し、国会衆議院及び参議院で過半数の議席を制した。その後、2009年9月16日迄この連立政権は続くことになる。ただ、2009年8月に実施された第45回衆議院議員選挙では、自民党、公明党ともに大敗。民主党・社会民主党・国民新党による民社国連立政権が成立することになる。

自自公連立政権に向け政策合意した小沢一郎・自由党党首、小渕恵三首相、神崎武法・公明党代表(左から。1999年10月4日撮影)拡大自自公連立政権に向け政策合意した小沢一郎・自由党党首、小渕恵三首相、神崎武法・公明党代表(左から。1999年10月4日撮影)

 しかし、2012年には連立政権は崩壊、2012年12月に行われた第46回衆議院選で、自民党は絶対安定多数を超える294議席を獲得、公明党も31議席を獲得し、3年3カ月ぶりに自公は与党復帰を果たした。当時の自由民主党総裁・安倍晋三は公明党代表・山口那津男と連立合意文書を交換、自公連立のもとで第2次安倍内閣が発足した。現在、自由民主党は衆議院では過半数(233議席)を超える263議席を有し、32議席を有する公明党と共に295議席を持ち、いわゆる「絶対安定多数」を持つに至っている。

 野党の立憲民主党は衆議院で97議席、国民民主党は11議席を有しているが、自公政権には遠く及ばない。参議院でも、自民党は111議席、公明党は28議席と自公で過半数を制している。参議院での立憲民主党の議席は45、国民民主党(15議席)と合わせても60議席、自民党の111議席、自公合わせて139議席には全く及ばない。参議院でも自公連立政権は過半数を大きく上回っている。

国交相は公明議員のポストに

 周知のように公明党は創価学会をバックにした政党。2000年6月25日の選挙で初めて与党側として選挙に挑み、議席は31議席と大きく減らしたが、連立政権の過半数は維持している。

・・・ログインして読む
(残り:約1359文字/本文:約2068文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

榊原英資の記事

もっと見る