メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

急減する日本の人口〜打つ手はあるか

2050年には1億人を割り込む予測も

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

2050年には1億人を割り込む日本の人口(予測値)

 日本の人口は2004年12月(1億2784万人)をピークに減少を続けている(総務省統計局人口推計2010年など)。2021年10月1日時点での人口は1億2512万人。国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口」(2016年)によると、2025年には1億2254万人に、2030年には1億1913万人に減る。さらに悲観的な予想では、国交省の2011年「国土審議会政策部会長期展望委員会」の中間まとめがあり、2050年には9515万人まで減少すると推計されている(図1)。

(図1)日本の人口は長期的にみて急減する(国土審議会政策部会長期展望委員会資料から)拡大(図1)日本の人口は長期的にみて急減する(国土審議会政策部会長期展望委員会資料から)

最悪の予想では2100年には3770万人

 この資料では、2100年には高位推計で6407万人、中位推計で4771万人、低位推計で3770万人とされている(図2)。

(図2)日本の総人口は、2050年には3000万人減少するという予測図拡大(図2)日本の総人口は、2050年には3000万人減少するという予測図

(図の出典はいずれも、国土審議会政策部会長期展望委員会「国土の長期展望」中間とりまとめ概要、リンク先はPDF)

 本当にこんなペースで減少するのか、一見信じがたい数字だが、今のペースで減少が続ければ、こうなるという事なのだろう。国立社会保障・人口問題研究所の2017年推計によれば、2050年には65歳以上の高齢人口が2022年より約1200万人増加するのに対し、生産年齢人口(15〜64歳)は約2000万人減少するとされている。また、国土審議会政策部会長期展望委員会の資料では、若年人口(15歳未満)は約390万人減少するとされる。その結果、高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)は、37.7%になるという。実に5人のうち2人近くが65歳以上の高齢者という事なのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

榊原英資の記事

もっと見る