メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

農林水産物・食品輸出の1兆円超えは慶事なのか?

農水省の統計操作に騙され続けるマスメディア

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

 農水省は2月4日、2021年の農林水産物・食品の輸出が前年比で25.6%増加し、1兆2385億円となったと公表した。以前から、政府はこれらの輸出を1兆円以上とする目標を掲げていたので、これを達成したことになる。マスメディアの評価も押しなべて好意的である。

国交省より悪質な農水省の統計操作

 しかし、その陰で笑いをこらえているのは農水省だろう。農業の専門誌である日本農業新聞を含め、うまく騙し通せたからだ。

 昨年末、国交省の統計不正が大きな問題となった。しかしこれは、業者が受注実績を記した調査票を毎月提出することになっているのに、それが遅延していることが、問題の発端だった。このため、国交省の担当者が提出されていない月の数値を推計して計上し(これが不正に該当)、さらにその後当該月の数値を含めた調査票が提出されたのに、それを差し引かずに提出月の数値として計上した(これが二重計上に該当)、というものだった。国交省の統計担当職員の稚拙さやそれを改めようとしなかった省全体の不誠実な対応は、非難されるかもしれないが、不正行為をカバーアップ(隠ぺい)しようという大それた悪意を感じさせるものではない。

Mr. Kosal/shutterstock.com拡大Mr. Kosal/shutterstock.com

 これに対して、農水省は統計自体を改ざんしたのではない。元データは財務省の貿易統計なので、改ざんしようがない。問題は、国民やメディアへの提示方法の欺瞞的な操作である。これにマスメディアは気が付かなかった。これで農水省は、その政策によって、農産物の輸出が順調に増え、農家所得の向上が図られると印象付けることに成功した。国交省の稚拙さと異なり、出てきた数値を操作する作為や悪意を感じる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。20年東京大学公共政策大学院客員教授。「いま蘇る柳田國男の農政改革」「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山下一仁の記事

もっと見る