メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

9年間の「異次元の金融緩和」が残した傷跡〜黒田さん、今の道に未来はありますか?

任期中に国民と真摯な対話を

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

超低金利を口実に国債が大量に発行された

 日銀はすでに9年間金融緩和を続けているが、2%目標は達成できず、GDPも低成長のまま。それどころか日本経済の根幹にさまざまな傷跡を残している。

国債発行残高の推移(単位:兆円。橙色の部分が黒田総裁就任後の残高、約250兆円増加した)拡大国債発行残高の推移(単位:兆円。橙色の部分が黒田総裁就任後の残高、約250兆円増加した)

(1)財政悪化は深刻。超低金利は安倍政権に国債を大量発行する口実(利払い費が少なくてすむ)を与えた。その結果、発行残高は9年間で約250兆円増えて1000兆円をこえた(上のグラフ)。

 財務省の「仮定計算」では、金利が1.1~1.3%上がると、利払い費は6〜7年のうちに15兆円(現在は9兆円)に膨らみ、財政破綻の懸念が生じる。

(2)日銀の財務悪化がひどい。国債発行残高の約半分の約500兆円は日銀が引き受けている。太平洋戦争中の国債発行と同じ、禁じ手の「財政ファイナンス」である。

 日本総研の河村小百合・首席研究員は「短期金利が1.2%に上昇するだけで日銀の財務は毎年5兆円の損失を出し、2〜3年続くと債務超過に陥る」と指摘する。中央銀行が債務超過になるような国の通貨や国債をだれが信用するだろうか。重大な問題である。

・・・ログインして読む
(残り:約1594文字/本文:約3025文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

木代泰之の記事

もっと見る