メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ロシア経済を待ち受ける長く暗い停滞

命綱を握る中国 西側企業の関心はロシアよりウクライナ復興需要に

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 ロシアのウクライナ侵攻から9カ月が経った。戦況は日々報道されるが、この間、ロシア経済はどう変わったのか。それを知る手がかりとなる貿易統計など経済データの発表をロシアは停止している。ジェトロ(日本貿易振興会)のセミナーや資料を元に実態を探ってみたい。

クレムリン拡大ロシア政治権力の中枢クレムリンと赤の広場。大統領府もここにある=モスクワで筆者写す

経済制裁で2022、23年はマイナス成長

 2月のウクライナ侵攻を受けて、西側はロシアに多彩な経済制裁を加えた。コンピュータ、通信機器、工作機械、半導体やコンデンサなどの電子部品、機械部品、化学原材料などを幅広く輸出禁止にした。

ロシア経済成長拡大

 上の表は三つの機関による22~24年の経済成長の予測である。差異はあるが、22年はおおむねマイナス4%程度、23年は同3%程度である。IMF(国際通貨基金)のチーフエコノミストは「24年以降もロシア経済の回復は厳しい」という見方を述べた。

・・・ログインして読む
(残り:約2494文字/本文:約2857文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

木代泰之の記事

もっと見る