メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中国と英国が急接近、なぜ?

写真・図版:中国と英国が急接近、なぜ? バッキンガム宮殿の晩餐会に出席する習近平国家主席(左)とエリザベス女王 中国の習近平国家主席は10月21日、英国のキャメロン首相と会談した。両首脳は英国での原発新設計画を含む経済関係強化で合意。企業間で今後結ばれる投資などの規模は、総額400億ポンド(約7・3兆円)以上になる見通しという。「米英蜜月時代の終わり」との声もささやかれる中、経済に特化した英国の賭けはうまくいくのだろうか?

このテーマについての記事

Facebookでコメントする