メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

マタハラ―派遣社員の約2人に1人が経験

写真・図版:マタハラ―派遣社員の約2人に1人が経験 妊婦が持つバッグについたマタニティーマーク 妊娠や出産をめぐって不利益な扱いや嫌がらせを受ける「マタニティー・ハラスメント」(マタハラ)。厚生労働省が11月に発表した調査結果によると、職場でマタハラを受けた女性の割合は、派遣社員が48・7%と最も高く、正社員も21・8%にのぼった。「迷惑」「辞めたら?」。心ない言葉に苦しむ女性がいる現実はどうしたら変わるのか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする