メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「移動の自由」協定、EUが見直し検討

写真・図版:「移動の自由」協定、EUが見直し検討 オーストリア東部から南に50キロの国境。フェンスの向こうはスロベニアだ パリの同時多発テロで、国境を越えて移動していた容疑者。とどまるところを知らぬ難民の大量流入。欧州連合(EU)は1月下旬に内相理事会を開き、欧州での国境を越えた「移動の自由」を定めるシェンゲン協定の見直しを検討し始めた。欧州統合をめざす根幹が揺らぐ中、「このままでは単一市場もなくなる」と見直しを警戒する声も上がっている。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする