メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高齢労働者の過酷な実態を考える

写真・図版:高齢労働者の過酷な実態を考える 14人の犠牲者を出した長野県軽井沢町の大型バス事故  14人が犠牲になった長野県軽井沢町の大型バス事故。旅行会社は運行の実態を知らず、65歳の運転手は大型バスの運転が不慣れだった。「格安ツアー」のうたい文句の陰で繰り広げられる過当な価格競争。それはバス業界に限らない。年金以外の副収入がなければ生活できない高齢労働者を取り巻く労働環境は「過酷」の一言だ。はたして解決策は。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする